傑出した存在感を放つ二刀流戦士へ賛辞が止まない。

【動画】大谷翔平が10奪三振の好投!アルトゥーベが思わず腰を引いた“圧巻スライダー”をチェック

 現地時間5月11日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地ミニッツメイド・パークでのヒューストン・アストロズ戦に「2番・投手」として先発。勝敗はつかなかったものの、7イニングで今季最多の10奪三振、1失点と好投し、打者としても7回先頭のライト前ヒットを放った。
  エンジェルスは、最終回で大谷を打席に立たせるため、降板後の8回の守備時にメジャーでは初の右翼で起用した。このプランについて名将ジョー・マッドン監督は、試合後に「彼の打席を無駄にしたくなかったんだ」と明言。改めて背番号17への信頼を強調した。

 結局、第4打席は見逃し三振に倒れたものの、マッドン監督は今夜の活躍について「彼の才能がフルに発揮された」としたうえで、「パーフェクト・ストームだった。すべてが揃っていた」と絶賛。さらに「結果はともかくとして、これ以上ないほどうまくいったと思う」と、その内容を振り返っている。

 連日のように話題を振りまく大谷。かつて3度の最優秀監督賞に選ばれたMLB屈指の指揮官も、ただ感銘を受けるばかりだ。“リアル二刀流”で活躍を続ける26歳のパフォーマンスに今後も目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

Some Sho filth. 🤢 pic.twitter.com/M1msWb6oQN

— MLB (@MLB) May 12, 2021