F1開幕戦のバーレーン・グランプリでいきなり9位入賞を果たして大きな称賛を受けるも、その後は自身のミスや車の問題で満足からは程遠いレースが続いたスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅だったが、第6戦アゼルバイジャンGPでは各セッションで進化を示し、予選ではQ3進出、決勝では7位入賞と、いずれも自己最高の結果を残した。

 モナコGPの後、レッドブル・グループのヘルムート・マルコ顧問から、イタリアへの拠点移動を命じられるとともに、アルファタウリのフランツ・トスト代表の下でハードなマンツーマントレーニングの日々を課せられたルーキーだったが、この“処置”がさっそく効果を発揮した形となった。

 本人は久々のポイント奪取の喜びよりも、再スタート後のポジションダウンに悔しさが先行しているようだが、各国メディアは初体験となったこのバクーでのレースを軒並みポジティブに評価。もっとも、手放しで絶賛するよりは、飛躍のきっかけを掴んだ(かもしれない)と捉えて「今後に期待」と見ているところの方が多かったようだ。
  オランダの専門メディア『RN365』の見方はさらに厳しく、「シート喪失を恐れる必要があるドライバー」という記事の中で、ヴァルテリ・ボッタス(メルセデス)、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)とともに角田にも言及している。

 同メディアは、彼が「コストのかかる不必要なミスを犯し、バーレーンでの称賛以降は貧弱なパフォーマンスが続いた」と振り返り、「ピエール・ガスリーの見る者に感銘を与えるレースが、マルコ顧問に角田のやり方を批判するよう促した」と、チームメイトとの差が状況の悪化に拍車をかけたと記述。続けて「アゼルバイジャンでは良い結果を出したが、彼がシーズン終了後にマルコ顧問から追い出されることを回避するためには、この調子を維持し、定期的にポイントを獲得する必要がある」と訴えた。

 前述の「イタリア移住」は、角田への期待の表われと捉えられる一方で、レッドブル・グループではルーキーであっても猶予期間が短いことを示しているともいわれているが、同メディアは「同グループには、ユーリ・ヴィップス、リアム・ローソンといったF2からの昇格を虎視眈々と狙う優秀なドライバーがおり、またアレクサンダー・アルボンはシートを取り返したいと考えている」と、早くも21歳の日本人ドライバーが激しい突き上げを食らっていると強調する。
 「あちこちで不運に見舞われ、メルセデスのとの間にも亀裂が生じ、ジョージ・ラッセルが後釜を狙っている」ボッタスや、「多くのスポンサーマネーを持ち込んだが、人目を引くパフォーマンスはめったに見せない」ラティフィとは、また状況が異なる角田だが、このルーキーが厳しい環境に身を置いていることは間違いない。しかし、これを乗り越えた先にはトップドライバーへの道が拓けてくることだろう。そのためにも、まずは次のフランスGPで可能性を示し、ここからの連戦に向けて弾みをつける必要がある。
  ちなみに、同記事では「シート喪失の危険はないがステップアップが必要なドライバー」として、新天地でいまだ調子が上がらないダニエル・リカルド(マクラーレン)とともに、ここまで様々な要因でたびたび批判の対象となっているニキータ・マゼピン(ハース)が選定され、「大富豪の父親の存在によってシートは安泰だが、来季、ハースのマシンが競争力を持てば、チームメイトのミック・シューマッハーとの差はさらに開くだろう」と厳しい展望がなされている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連動画】アゼルバイジャンGPで2強がまさかの…フェルスタッペンのクラッシュ、ハミルトンのコースアウトの様子