6月15日(日本時間16日、日付は以下同)。NBAは2020−21レギュラーシーズンのオールNBAチームを発表した(以降チーム名は略称、ポイント数は1st、2nd、3rdチーム票の合算)。

■オールNBA1stチーム
ヤニス・アデトクンボ(バックス/500ポイント)
ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ/498ポイント)
ステフィン・カリー(ウォリアーズ/496ポイント)
ルカ・ドンチッチ(マブス/402ポイント)
カワイ・レナード(クリッパーズ/323ポイント)

■オールNBA2ndチーム
デイミアン・リラード(ブレイザーズ/372ポイント)
ジョエル・エンビード(シクサーズ/352ポイント)
クリス・ポール(サンズ/311ポイント)
ジュリアス・ランドル(ニックス/253ポイント)
レブロン・ジェームズ(レイカーズ/174ポイント)

■オールNBA3rdチーム
ルディ・ゴベア(ジャズ/148ポイント) 
ジミー・バトラー(ヒート/131ポイント)
ポール・ジョージ(クリッパーズ/89ポイント)
ブラッドリー・ビール(ウィザーズ/71ポイント)
カイリー・アービング(ネッツ/61ポイント)
  今年の投票で満票を手にしたのはアデトクンボのみ。1stチームにはそのアデトクンボを筆頭にヨキッチ、カリー、ドンチッチ、レナードという顔ぶれ。それぞれ所属チームの看板選手として大車輪の活躍を見せていただけに、納得のメンバーと言える。

 2ndチームではリラード、エンビードというMVP級の実力者にランドルが初選出。レブロンは17度目、ポールは現役2位となる10度目のオールNBAチーム入りを果たした。また3rdチームではゴベア、バトラー、ジョージ、アービングに加え、ビールが初選出。

 いずれも今季のNBAを代表する選手たちではあるのだが、オールスターが各カンファレンス12名の計24名選ばれるのに対し、オールNBAチームは計15名とそのハードルは高く、今年もオールNBAチーム入りを逃した選手たちも多い。

 ネッツのケビン・デュラント(出場35試合)とジェームズ・ハーデン(出場44試合)は、いずれもリーグ最高級の実力者でオールNBAチームの常連だが、今季はケガによる欠場も多かったため、落選は仕方ないところか。

 セルティックスが誇るオールスター、ジェイソン・テイタムは69票と、アービングよりも得票数が多かったものの、ガード枠の前者に対して後者はフォワード枠だったことで落選。
  そのほか、フォワードではザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ/37ポイント)、センターではバム・アデバヨ(ヒート/32ポイント)がオールNBAチーム入りを逃しており、ガード枠では多くの有力選手が漏れた。

 特に今季ウィザーズをプレーオフへと導く立て役者となったラッセル・ウエストブルック(44ポイント)は、2シーズンぶり4度目の平均トリプルダブル(22.2点、11.5リバウンド、11.7アシスト)という超人的なスタッツをマーク。さらにはオスカー・ロバートソン(元ロイヤルズほか/181回)が保持していた通算トリプルダブル数を塗り替えるなど、チームメイトのビールを上回るほどの強烈なインパクトを残していただけに、この結果に驚いた方もいるのではないだろうか。
  また、ドノバン・ミッチェル(ジャズ/26ポイント)はチームがリーグトップの戦績を残した殊勲者となるも、右足首捻挫のためシーズン最後の16試合を全休したことが投票者に影響を及ぼしたのかもしれない。

 デビン・ブッカー(サンズ/21ポイント)もリーグ2位の好成績を残したチームの得点源となり、キャリア初のプレーオフ進出を決めたものの、ポールと票が割れたのか、あまり得票数が伸びずに落選している。

 特にガードはチームの看板選手が多く、ホークスをプレーオフへと誘ったトレイ・ヤング、シクサーズのイースト首位に大きく貢献したベン・シモンズはいずれも2ポイントのみ。候補選手が乱立していたとも言えるのだが、今年オールNBAチームに落選した選手たちには、ぜひともこの結果をモチベーションとして受け止めて、来季さらなる活躍をしてくれると期待したい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】プレーでもルックスでもファンを魅了!NBA史上最高のシューター、ステフィン・カリーの厳選ショット!