ケンドリック・パーキンスは現役時代、守備専門のロールプレーヤー型センターだったが、世界最高峰のNBAで14シーズンを戦い、2008年にはボストン・セルティックスでポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンの“ビッグ3”とともにリーグ優勝を経験した。

 今季はデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが2000年のシャキール・オニール以来21年ぶりとなるセンターのMVP受賞者となり、改めてビッグマンにスポットライトが当たった。そんななかで18年に引退し、現在は辛口解説者として人気を博すパーキンスが米メディア『ESPN』の番組「Keyshawn, JWill & Zubin」で、現代のビッグマンTOP5を選出している。

 5位に名前を挙げたのは、アトランタ・ホークスのクリント・カペラだ。身長208センチとセンターとしては小柄な部類ながら、インサイドの柱として奮闘。今季自身初のリバウンド王(平均14.3本)に輝き、4年連続でシーズンダブルダブルを記録している。パーキンスは「平均15得点、14リバウンドをあげ、アトランタの守備のアンカー役を担っている」とスイス出身の27歳を評価した。

 4位はユタ・ジャズのルディ・ゴベア。言わずと知れた、リーグトップクラスの守備型センターで、直近4シーズンのうち、今季を含めて最優秀守備選手を3回受賞している。「ゴベアは最優秀守備選手で、ディフェンスは彼の専売特許だ」。パーキンス評の通り、守備が一番の武器ながら、レギュラーシーズンでFG成功率トップ(67.5%)を記録したように、ペイント内でポイントを重ねて平均14点を超えているのも見逃せない点だろう。
  3位に入ったのが、レブロン・ジェームズと並ぶロサンゼルス・レイカーズの大黒柱であるアンソニー・デイビスだ。今季レイカーズがプレーオフ1回戦でフェニックス・サンズに敗れ、2連覇の夢が潰えてしまったのは、デイビスのケガの影響が大きい。

 肩、鼠径部、アキレス腱など満身創痍の状態が続いているが、パーキンスは「AD(デイビス)は一世代に1人のタレント。彼は手傷を負っているが、健康体ならゲームを支配できる選手だ」とそのポテンシャルを認めている。

 2位は、今季のMVP投票で惜しくも次点だったフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードだ。リーグ4位の平均28.5点、同10位の10.6リバウンドの好成績を残し、21試合の欠場がなければ、MVPの可能性もあった。エンビードの凄さは、パーキンスが引き合いに出した名センターの名前からもうかがえる。

「フィリーのビッグマンは275ポンド(125キロ。公称は127キロ)のアキーム・オラジュワンだ。フットワークが素晴らしく、ミッドレンジのシュートタッチも良い。ポストワークに鋭いスピン(ムーブ)、ウィンドミルも可能な身体能力、ドリブルもこなすハンドリング力と何でもできる。少なくとも俺の中では(今季の)MVPだ」
  そして、パーキンスが1位に選んだのは今季MVPのヨキッチだった。全72試合に出場して、平均26.4点、10.8リバウンド、8.3アシストを記録。トリプルダブル16回は、ラッセル・ウエストブルック(ワシントン・ウィザーズ)に次ぐリーグ2位だった。

「彼は7フッターのラリー・バードだ。現代のNBAで戦ううえで、彼をデッキから外すことはできない。彼がなぜあらゆることができるのか、理解できないくらいだ」とパーキンス。“ポイントセンター”として、ヨキッチの時代はしばらく続くかもしれない。
  なお、パーキンスはインディアナ・ペイサーズのドマンタス・サボニス(平均20.3点、12.0リバウンド、6.7アシスト)を“特別賞”に挙げ、快進撃を見せているフェニックス・サンズのインサイドを支える22歳のディアンドレ・エイトン(平均14.4点、10.5リバウンド)に関しては、「彼はトップ10。まだ進化しなければいけない項目がたくさんある」と位置づけていた。

構成●ダンクシュート編集部