サムライ戦士の闘志あふれる姿に米記者も惚れ惚れだ。

【動画】大谷がまさかのダイビングキャッチ!気迫あふれる実際のプレー映像をチェック

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間6月17日、本拠地で行なわれたデトロイト・タイガース戦に「2番・投手」で先発し、今季7度目の“リアル二刀流”に挑戦。打っては1打数無安打2四球に終わったものの、6回(78球)5被安打5奪三振2四死球1失点の好投で今季3勝目を手にした。

 注目を集めたシーンは2点リードで迎えた4回。ここまで無失点に抑えていた大谷は、先頭打者ジェイマー・キャンデラリオのセーフティーバントに素早く反応し、頭からのダイビングキャッチを試みた。一塁への送球はわずかに逸れて仕留められなかったものの、このプレーには米記者から称賛の声が寄せられている。
  米専門誌『ベースボール・アメリカ』のカイル・グレイザー記者は、「ショウヘイ・オオタニがマウンドからダイブし、一塁のジェイマー・キャンデラリオをもう少しでアウトにするところだった」とリアルタイムで反応。「オオタニがマウンド外であんなプレーをする姿には感動する」と興奮気味に続けた。

 さらに地元紙『LA Times』のジャック・ハリス記者は、実際の映像とともに「あと少しでクレイジーな守備プレーをするところだった…」と反応。米メディア『The Athletic』のブレント・マグワイア記者も「これをアウトにしそうだったという事実には笑うしかない」と驚きを隠せないようだ。

 連日の活躍で日々注目度を高める大谷。試合もエンジェルスが7対5で勝利し、14日のアスレチックス戦から続いていた連敗を「3」でストップしている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る