7月25日、柔道男子66キロ級と女子52キロ級の決勝が行なわれ、阿部一二三(パーク24)と阿部詩(日本体育大)が、それぞれ金メダルを獲得した。

 まずは、妹の詩が、決勝でフランスのアマンディーヌ・ブシャールと顔を合わせた。延長にもつれるが、疲労が見えてきたブシャールに対し、阿部が抑え込みで1本を取り勝利。畳を何度も叩いて喜んだ。

 詩が見守る中、兄の一二三はジョージアのバジャ・マルグベラシビリと対戦。得意の担ぎ技が警戒される中、大外刈りで技ありを取り、優勢勝ちで頂点に立った。これにより史上初となる兄妹で同日金メダルの快挙を達成した。

 この活躍に、菅義偉首相のツイッターも反応。まずは、「阿部詩選手、金メダルおめでとうございます! 日本女子柔道史上、52kg級で初めての金メダル、素晴らしい歴史を切り開いてくれました。」と祝福。
  続いて、「阿部一二三選手、金メダルおめでとうございます。そして、史上初の兄妹同日金メダル!互いに激励し合う姿に心を打たれました」と兄妹の快挙にも触れた。

 ただ、このツイートには、「すいません。静かにしてもらえますか?」「アスリートを政治利用しないでください」などの厳しいコメントも見受けられた。

 一方で、「オリンピック開催がなければ、この感動もありませんでした。ありがとうございます!!」「この兄妹を観て初めて、オリンピック開催して良かったと思いました。素晴らしかったです」など感謝のコメントも多くあった。

 他にも、「有観客にしてください」などのリクエストも。コロナ禍でのオリンピック開催だけに、見る側も様々な思いで五輪を見守っていることがうかがえた。

構成●THE DIGEST編集部

【東京五輪PHOTO】随時更新!東京オリンピックで輝いた日本人メダリトを一挙紹介!

阿部一二三選手、金メダルおめでとうございます。
そして、史上初の兄妹同日金メダル!
互いに激励し合う姿に心を打たれました。#金メダル #柔道男子66kg級 #東京五輪#Tokyo2020 #Olympics @hifumi110 https://t.co/2jWphkhVPw

— 菅 義偉 (@sugawitter) July 25, 2021