7月28日に行なわれた東京五輪の卓球競技女子シングルス準々決勝で、日本の伊藤美誠はチョン・ジヒと激突。韓国のエースを相手に力の差を見せつけ、ゲームカウント4−0とストレート勝ちを収めた。

 この日の伊藤は絶好調で、試合の主導権を終始握り続けたが、とりわけ圧巻だったのは第2ゲーム。開始から10連続ポイントを奪うと、そのまま相手を0に封じて勝利すべく、続くプレーでは強烈なバックハンドをお見舞い。これは惜しくもアウトとなるも、11−1と難敵をほぼ完璧に抑え込んでみせた。

 卓球では“ラブゲーム”、つまり相手を0ポイントに封じてセットを取ることは、礼節を欠く行為としてマナー違反とされてきた。前述した伊藤の第2ゲームも未遂にはなったものの、11−0を狙った伊藤はこれに則れば“マナー違反”となるわけだが、彼女をバッシングする日本のファンは皆無に近く、むしろ常に全力プレーを貫く姿に好感を持った人が大半だった。
  しかし、この伊藤のプレーに嚙みついたのが、卓球を国技とする中国。同国のスポーツメディア『網易体育』は「クレイジー!伊藤が韓国のエースを叩きのめし不遜な発言『これが私のスタイル』」と見出しを打ち、10−0の状況でも全力でポイントを取りに行ったことについて批判。さらに「伊藤が6分の間容赦なく攻撃し続け、11−1。人間らしさがまったくない」とまで書き連ねた。

 卓球が国技だからこそ、伝統を重んじているのかもしれない。ただ一方で、真剣勝負のさなかに手を抜き、相手にわざとポイントを与えることの方が敬意を欠くプレーだという意見が聞こえてくるのも事実だ。卓球というスポーツが日々進化するなかで、中国と日本の”常識”に、いささか違いが生まれているのかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本卓球史上初の金メダル!混合ダブルス初代王者に輝いた水谷隼・伊藤美誠の激選ショット!