いまや中国で国民的アイドルとなった14歳が、ちょっとした“カワイイ騒動”を引き起こした。全国スポーツ紙『新浪体育』などが伝えている。

【関連フォト】東京五輪で全紅嬋が魅せた“美しき飛び込みフォーム”はこちら!

 主人公となったのは、先の東京五輪・女子高飛び込みで金メダルを獲得した全紅嬋(クアン・ホンチャン)だ。決勝では審査員全員が満点を付ける大技を2度も決めて、世界を驚かせた天才少女。表彰式後、病床に伏している母親の治療費のために「私はたくさんお金を稼ぎたい」と語る姿が共感を呼び、一躍有名になった。

 現在、西安では中国の国体にあたる「全国運動会」が開催されており、全紅嬋も数日前まで参加していた。その滞在先に、大事な宝物を忘れてきてしまったというのだ。かつて実兄からプレゼントされたロバのぬいぐるみで、ずっと彼女を支える幸運のアイテムになっていた。手元にないことに気づいた全紅嬋は公式ウェイボーを更新し、「ホテルにあなたを忘れてきてしまうなんて……私としたことが信じられない……」と落胆ぶりを示し、涙する絵文字も添えた。

 これがすぐさまネット上で拡散し、ウェイボー上では「全紅嬋がぬいぐるみを無くす」がホットワードランキングで急上昇する事態に。彼女の窮状を救うべく、そこかしこで大捜索が敢行されたようだ。
  とはいえ、数時間後に問題はあっさり解決した。「全国運動会」のスタッフがホテルを訪れて回収し、全紅嬋のウェイボーに「ちゃんと見つかりましたよ。すぐに届けましょう」と書き込むと、ふたたび「全紅嬋のぬいぐるみが見つかった!」がホットワードランキング入り。彼女の人気ぶりが窺い知れる微笑ましいハプニングとなった。

 今後も中国国内では当面、その一挙手一投足に注目が集まりそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】シュミット、ビロディド、劉霊玲、リパコワに大和なでしこたちも厳選! 東京五輪を彩った美女アスリートを一挙紹介!