確かに理にかなった戦い方かもしれない。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間9月22日、本拠地で行なわれているヒューストン・アストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。前日には10試合ぶりとなる45号アーチを放つなど、2試合連続弾が期待されているが、ここまでの2打席は“つらい”状況となっている。

【動画】10試合ぶりの一発!大谷翔平の45号特大アーチがこれだ 相手先発は右腕のルイス・ガルシア。大谷は今季、このガルシアから2本塁打を放っており、当然相手からの警戒も強くなる。そして何より、メジャートップ級の打力を持ち、また彼に次ぐ打者との実力が離れていることを踏まえれば、大谷とわざわざ勝負する必要もない。

 果たして、この日の第1打席は明らかにゾーンから外れたボール4つで四球。3回の2打席目は1球ファウルのみで、またボール4つとまともにスウィングすることができなかった。これを見たエンジェルス番記者のパトリック・オニール氏は「アストロズには、オオタニにやられる計画がないようだ」と、皮肉混じりに嘆くのも納得の展開となっている。

 大谷は2つ目の四球後に二塁盗塁を決めた……と思いきや、オーバースライディングしてアウトに。「しまった!」と天を仰ぐ姿も印象的だった。果たして、残り少ない打席の中で結果を残せるか。それには勝負してもらうという前提条件が必要だが……。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る