サムライ戦士への“四球攻め”にSNS上もブーイングの嵐だ。

【動画】「打ちたいのに…」大谷も思わず苦笑い。会場がブーイングに包まれる2度目の申告敬遠シーンをチェック

 現地時間9月22日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、ヒューストン・アストロズ戦に「3番・DH 」で先発出場。申告敬遠2を含むキャリア最多の4四球と、ことごとく勝負を避けられ、2打数無安打に終わった。チームは延長戦の末に5対9で敗れている。

 この日、アストロズの先発を務めたのは右腕ルイス・ガルシア。今季大谷から2本塁打を浴びている苦手意識からか、第1、2打席と連続して四球を与え、2死二塁で回ってきた第4打席は申告敬遠。さらに左腕ブレイク・テイラーと対峙した無死二塁の5打席目も申告敬遠とされ、大谷の46号を期待していた会場は大きなブーイングに包まれた。
  波紋はこれだけにとどまらず、SNS上のファンからも不満の声が噴出。日本のTwitter上では「申告敬遠」がトレンドに入り、「打たせてもらえない、、、」「真っ向勝負しろ〜」「アストロズ勝負しろよ!」「マジでつまらん」「大谷のホームラン見たかったぁ」「仕方ないけど残念」などと、多くのコメントがあがっている。

 今シーズン全体では、81四球という大谷。ファンとして面白みに欠けるシーンだが、それだけ恐れられている証拠ともいえるだろう。一流スラッガーの宿命ともいえるこの苦境に対して、27歳の二刀流スターはどう攻略していくのか。今後のパフォーマンスに期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る