敵将が審判の判定に不満をこぼしている。

【動画】2つ目の四球は誤審? アストロズ指揮官が指摘した実際のシーン

 現地時間9月23日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたヒューストン・アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回に勝ち越しへ繋がる今季24盗塁目を決めたものの、打席は前日に続いて勝負を避けられ、1打数1三振3四球の無安打に終わった。

 初回の第1打席は、相手先発の右腕ランス・マッカラーズJr.に見逃し三振を喫した大谷。しかし、ここから再び“四球地獄”が始まる。続く第2、3打席で連続四球を受けると、3番手の左腕ブレイク・テイラーと対峙した第4打席もその流れは変わらず、3打席連続の四球となったのだ。
  試合はエンジェルスが3対2で勝利。しかし、敗戦を喫したアストロズのダスティ・ベイカー監督は試合後、先発のマッカラーズJr.を「彼は最高だった」と評価したうえで、大谷と対峙した6回の第3打席について「あれはストライクに見えた。みんなみんなイライラしていたよ」と主張したという。MLB公式サイトが伝えている。

 さらに「あの回は終わるはずだったんだ」と不満を続けると、大谷の二盗にも「彼はアウトだったように見えたよ」と指摘。「ジャック・メイフィールドは昨晩も我々を苦しめたが、(審判の判定ミスが)二塁打を打たれるきっかけになってしまったんだ」と敗因を振り返った。

 この試合で連敗を「6」でストップさせたエンジェルス。すでにプレーオフ進出の可能性が完全消滅しているなか、残りシーズンでどのような試合を見せられるのか。大谷のMVP、本塁打レースを含め、今後もその戦いに注目したい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る