2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。そんな偉才が放った46本塁打を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。

 今回は、6戦6発目とした衝撃アーチだ。相手先発右腕が投じた低めのスライダーをセンター後方の茂みへ突き刺した大谷は、ここまで本塁打王レースでトップを独走していたブラディミール・ゲレーロ(トロント・ブルージェイズ)に並ぶとともに、史上4人目の通算70発&100奪三振を記録したのである。

記事初掲載:2021年6月21日

【動画】全米驚愕! 大谷が3試合連続の23号で“メジャー本塁打王”に

―――◆―――◆―――

 もはやその活躍は、日本のみならず野球の本場アメリカにおいても大きな衝撃をもって伝えられている。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間6月20日、本拠地で行なわれたデトロイト・タイガース戦に「2番・DH」で先発出場すると、5回の第3打席に今季23号となる2ランを放った。

 3試合連続となる一発で、大谷はヴラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)に並ぶ本塁打数メジャートップとなった。果たして連日の圧巻のパフォーマンスは、現地でどのように捉えられているのたろうか?
 「もはや信じられない。今のオオタニは止められない」と、6戦6発の猛打に感嘆したのは、現地TV放送局の『Fox Sports West』だ。同じように、エンジェル番記者のレット・ボリンジャー記者は「信じられない」として目を丸くした。

『ESPN』のアルデン・ゴンザレス氏は別の角度から大谷の活躍を評価しているようだ。

 いわく、球界最高のプレーヤーであるマイク・トラウトが離脱した5月17日以降、大谷はゲレーロJr.らに次ぐメジャー4位のOPS1.141をマーク。この試合は落としたものの、その前の15試合で11勝を上げて勝率5割をキープしており、「エンジェルスがペナントレースで生き残っていられる最大の理由は、ショウヘイ・オオタニのおかげだ」と、その存在感に最敬礼した。

 そして二刀流という面から、改めて球史に残るパフォーマンスぶりに惚れ惚れしたのが、ミネソタのTV放送局『WSAW』のノア・マンダーフェルド氏だ。「打席では23本塁打、10盗塁、54打点。投げては防御率2.70、73奪三振。現在のペースは52本塁打、23盗塁、166奪三振となる」として、こう締めくくった。

「我々が今目にしていることは、本当に信じがたいものだ」

 数日前、“衝撃の4日間”が話題を呼んだ。本塁打→本塁打&盗塁→勝利投手→2本塁打という目を疑うような活躍だったが、大谷はそこからさらに「本塁打→本塁打」まで付け加えている。

 この衝撃はいつまで続くのか。いやむしろ平常運転なのか。その時は必ずや、MVPを手にしているはずである。

構成●TEH DIGEST編集部

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る