前代未聞の決着が小さくない物議を醸している。騒動の発端となったのは、10月24日に北九州市立総合体育館で開催された種目別決勝のジャッジだ。

 この大会での現役引退を示唆している日本の村上茉愛(日体ク)は、女子床運動の最終演技で、H難度の大技「シリバス」(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)に成功。着地がわずかに乱れる場面はあったものの、迫力のある演技を披露した。

 直後の採点結果は、「13.966」。暫定トップだった個人総合女王の21歳アンゲリナ・メルニコワ(RGF=ロシア連盟)に0.034点だけ届かず、この時点で2位。ここで村上陣営が動く。ジャッジに採点の再確認を求める「インクワイアリー」(問い合わせ)を行使したのだ。

 結果的にこの問い合わせが実る。Dスコアが「5.7」から「5.8」に修正されて、村上の総得点は14・066に。これで逆転での“世界制覇”を決まった。

 試合後のフラッシュインタビューで「最終的に優勝できて、すごくいい形で競技を終えることができてよかった」と笑顔を見せた村上。一方で納得がいかないのは、メルニコワ陣営だ。
  3日前に行なわれた女子個人総合で初優勝を飾っていた21歳は、ジャッジの修正についてロシア・メディア『Sports.ru』で「私自身の演技に問題はなかったと思うからショックはとても大きい。こちらの抗議や確認は全く受け入れられなかった」と複雑な胸中を明かしている。

 さらにRGFのコーチを務めているバレンティーナ・ロディオネンコ氏も、同メディアで「全く言葉がないよ」と吐露。そのうえでこう続けた。

「こちらがミスを犯していない点が評価されていなかった。だから、我々はすぐに抗議に行ったが、受け入れてもらえずに却下された。だから、今さら何を言っても無駄だ。しかし、彼ら(ジャッジ)が彼女の金メダルを奪ったのは間違いない。彼らがカウントしなかったこちらの点数には0.1以上の価値があり、それによってメルニコワはトップになれていた。この結果には失望しかない」

 どちらもハイレベルな演技を披露していただけに、今回の採点を巡ってはしばらく波紋が広がりそうだ。

構成●THE DIGEST編集部