現地時間11月26日、アメリカのヒューストンで世界卓球の女子シングルス4回戦が行なわれ、日本のエース伊藤美誠(世界ランク3位)は、タイのサウェータブット・スターシニー(同39位)にゲームカウント4-2で勝利を収めた。

【動画】ベスト8入りを決めた伊藤!相手のサーブミスで勝利を決めたマッチポイントをチェック

 Tリーグにも所属するスターシニーにラリー戦に持ち込まれ終始苦しめられた。11-9で第1ゲームを先取した伊藤は、第2ゲームを9-11で落とすも、第3ゲームは11-8で奪い再びゲームカウントをリードするも、続くゲームで追いつかれてしまう。

 激しい攻防の末、第6ゲームと持ち込まれたこの試合。8-10とゲームポイントを相手に握られるも、日本のエースが驚異的な追い上げをみせて12-10で制した。
  早田ひなと組むダブルスに続き、シングルスでもベスト8入りを決めた21歳。試合後のフラッシュインタビューでは、第6ゲームの心境について「3-3になってしまうと最終的にどちらが勝つかわからないので、気持ちで挽回した」と振り返った。

 27日は4強入りをかけ、王芸迪(中国/同10位)と早田ひな(日本/同18位)の勝者と対戦する。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】強さと可愛さを兼ね備える伊藤美誠!愛くるしい笑顔満載の特集ギャラリー‼