まさかの敗戦にショックが広がっている。

【PHOTO】連覇を狙った全豪オープンで躍動する大坂なおみの厳選ショット!

 2022年シーズン最初のグランドスラム『全豪オープン』は現地時間1月21日、女子シングルス3回戦を実施。前年女王の大坂なおみ(フリー/世界14位)が、アマンダ・アニシモワ(アメリカ/同60位)に6−4、3−6、6−7(5)で敗れる番狂わせが起こった。

 第3セット5−4で迎えた第10ゲーム、大坂には2度のマッチポイントがあった。しかし、ここをパワフルなストロークで凌がれ、試合は10ポイント制のタイブレークに突入。その序盤にミニブレークを許した大坂は、そのまま挽回の糸口がつかめず、2時間15分に及ぶ熱戦の末に力尽きた。
  この結果を受け、ポルトガルメディア『レコード』のホセ・モルガド氏は、公式Twitterに「チャンピオンが脱落!」とリアルタイムで反応。前哨戦から好調を維持し続けている20歳のアニシモワに関して、「これで2022年の成績は8勝0敗となった」とのデータを伝えている。

 一方、公式戦の出場回数が少なく、前年優勝のポイントを失った大坂については、大会終了後のランキングで「トップ80圏外まで落ちる」と指摘。その後も同記者が「ランキングをゼロから作り直さなければならない」と言及しているとおり、今後の大会ではノーシードから勝ち上がっていく必要が出てきそうだ。

 昨年9月に行なわれた全米オープンのレイラ・フェルナンデス(カナダ)戦に続き、またしても若手に連覇の夢を阻まれた大坂。試合後のスケジュールは「まだはっきりしていない」というが、ここから立て直しを図れるだろうか。グランドスラム4勝を誇る24歳の今後に注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大坂なおみが逆転負けを喫したアニシモワ戦をチェック

【PHOTO】世界で戦う日本人女子テニスプレーヤーたち!