現地時間11月28日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(H組)第2戦で、韓国代表はガーナ代表と対戦。後半に粘りを見せ同点に追いつくも、直後に勝ち越しを許して2−3で痛恨の黒星を喫した。

【画像】「あまりにも失礼すぎる」ガーナサポによる韓国女性ファンへの“挑発行為”をチェック!

 この日は敗戦後に涙を浮かべた韓国代表のソン・フンミンに、ガーナスタッフがセルフィーを要求。ありえない行動に批判が相次いだが、目を疑う出来事はそれだけではなかった。

 英メディア『SPORT BIBLE』によると、68分にガーナのモハメド・クドゥスがゴールを決めて逆転した瞬間、明らかに興奮したガーナサポーターが、韓国の女性ファンに向かってタオルマフラーを掲げ、「私たちは、勝てる!」と叫んだという。それでも、彼女たちは平静を装い、挑発行為に笑顔で対応したようだ。
  
 また、韓国メディア『Money Today』もこのガーナサポーターの行動を問題視。韓国のネットユーザーからは「邪悪」「敗戦国のファンの前でこんな行動をする必要はない」「あまりにも失礼すぎる」「韓国サポーターの対応は大人」「勝っても謙虚さを保つべきだ」「こんなことがあっていいのか」などの反応がSNS上で寄せられていると伝えている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「なぜルールを守らないのか?」クロアチアの“最も美しいファン”の投稿が再び炎上!「これは恥ずべき行動だ」【W杯】

【関連記事】「不道徳だ!」敗北に涙するソン・フンミンと自撮りをしたガーナスタッフに非難殺到! 韓国紙は「ありえないマナー」と訴え【W杯】

【関連記事】コスタリカ戦で評価ガタ落ちの日本… GL2節終了後の国別パワーランキング。「弱点はほとんどない」と1位に推されたのは?【W杯】