サッカー界のスーパースターの行動をボクシング世界4階級制覇王者である“カネロ”ことサウル・アルバレス(メキシコ)がSNSで猛批判。脅迫的な書き込みをしたことで波紋を広げたが、自身の言葉が誤っていたことを認め、謝罪した。

 騒動の発端は、現地時間11月26日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ(C組)アルゼンチン対メキシコ戦後のリオネル・メッシ(アルゼンチン)の振る舞いだ。

 1ゴール・1アシストの活躍で勝利に貢献したアルゼンチンの英雄は、歓喜のあまりチームメイトとともに試合後のロッカールームで熱唱。その最中に彼は誤ってメキシコの選手から受け取ったであろうユニホームを踏んでしまったのだ。

 この様子は動画に収められており、これをチェックしたカネロは「メッシが俺たちのユニホームと国旗で床を拭いたのを見たか? 彼は俺に見つからないように神に祈るべきだな」と脅したのだ。メッシ本人は沈黙を守ったものの、サッカー界から彼の元に苦情が殺到した。

【動画】ロッカールームで狂喜乱舞! 大はしゃぎするメッシはユニホームを踏んだ?

 そのひとり、元アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロは、「カネロさん、言い訳のネタを探してはいけないよ。あなたはサッカーの試合後のロッカールームで何が起きてるかを知らないでしょ。だから知ってほしい」と訴えたうえで、「試合後は大半の場合はユニホームが汗まみれのまま、床に散らばっているんだ。それで着替えたり、騒いだりしていると、誤って踏んでしまったりすることはあるんだよ」と親友を擁護した。
  SNSで大騒動へと発展していたが現地11月30日、怒りを鎮めたボクサーは「母国に対する情熱で夢中になっており、不適切な発言をしてしまいました。メッシとアルゼンチン国民に謝罪したいです」と一転して猛省したのだ。

 同日に行なわれたポーランド戦で勝利したのちにメッシは、「カネロが謝罪を綴っていたのを見たよ」とミックスゾーンで話し、「彼の誤解でした。僕を知っている人は、僕が無礼な態度をとらないことを理解している。シャツはロッカールームの一部に置いてある。メキシコ人に対して失礼なことをしていないので、許しを請う必要もなかった。ただそれだけさ」と一連の騒動に自らの言葉で終止符を打った。

 事なきを得たこの一件。4年に一度のビッグイベントであるだけに、応援する者にも力が入りすぎてしまうこともあるようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「言い訳を探すな」メキシコ人ボクサーの批判に“サッカー界”がメッシを擁護! 違いを説かれた王者は「お前らはクソだ」と反発【W杯】

【関連記事】4階級王者カネロがメッシを“脅迫”!? メキシコ戦後のロッカーでの大はしゃぎに激怒「ユニホームを床に置いた侮辱」

【関連記事】「日本に続き、イランも地位を高めた」他国にも波及する“ロッカー清掃”に韓国メディアが反応!「アジア人はマナーの王」