6月13日、女子バレーボールの「ネーションズリーグ(VNL)」予選ラウンド第3週・福岡大会が北九州市・西日本総合展示場で行なわれ、世界ランク6位の日本代表は同10位のカナダ代表と対戦。セットカウント2−3(25−23、25−22、20−25、21−25、14−16)で逆転負け。この試合でパリ五輪出場を決めることはできなかった。
【動画】「ファン・ダイクにしか聞こえない」と話題の実況をチェック!(0:47)

 熱戦のなかテレビ中継の実況アナウンサーがカナダのエース、キアラ・バンライク選手の名前を叫ぶシーンがネット上で話題となった。

 身長188センチのエース・バンライクは第1セットから高身長を武器に強烈な一打を連発。ポイントが決まるたびに実況は興奮気味に「バンライク」と名前を連呼した。

 それに対し、ネット上では「ファン・ダイクにしか聞こえない」「音もイントネーションも完全にファン・ダイク」「どう聞いてもバンライクじゃないのよな」「みんな空耳w」「トレンドにファン・ダイク入ってて笑う」といったコメントが続出。サッカーオランダ代表の主将で、プレミアリーグの名門リバプールに所属するフィルジル・ファン・ダイク選手と聞き間違える事態が起こっていた。

 そのため一時、X(旧ツイッター)では「ファン・ダイク」がトレンド入りするなど、話題となった。

 なお、日本のパリ五輪出場決定は6月15日のセルビア戦以降に持ち越しとなっている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「ううーー惜しかった」眞鍋ジャパン、パリ五輪出場確定はお預けも…フルセットに及ぶ熱戦に日本列島沸騰!「マジでハラハラした」「土曜日勝つしかない」
【動画】大接戦を繰り広げた女子バレー日本代表の第4セットをチェック!
【動画】歴史的な大接戦! トルコとドイツが演じた衝撃スコア“44ー42”の激闘をチェック!