6月に入り、成績を大きく向上させているロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平。そんな大谷がこのほど始めた打席での新たなルーティンに注目が集まっている。

【動画】第1打席からいきなり先制弾!今やメジャー最強の1番打者? 日本時間6月15日の本拠地カンザスシティ・ロイヤルズ戦の第2打席で大谷は、三塁線の延長線上にバットを置き、その先端部分に左足をセットする新しいルーティンを披露。その打席でライト方向へヒットを放った。

 この試合は5打数2安打3打点の活躍でチームの勝利に貢献。以降も不定期にこのルーティンを導入しており、15日以降の成績は28打数12安打9打点4本塁打と絶好調をキープしている。

 この新ルーティンの意図について、大谷は「一番大事なのは同じ姿勢で同じ位置に立つこと。そのラインの太さは球場によって違うため、少しでもずれないようにしたい」と話している。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷翔平が先頭打者アーチ!リーグトップに立つ21号ソロ弾!
【画像】大谷翔平初のシグネチャーモデル「Shohei Ohtani Signature Collection」をチェック!
【関連記事】「まさに目覚めの1発」大谷翔平が放った“21号先頭打者弾”に早朝の日本列島が歓喜「ぶちかましてるー‼」「気分の良い朝」