元祖バイプレイヤーズの田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一らが本人役で出演するドラマ「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)の第2話が1月15日に放送された。“7チャン”のドラマ撮影現場で起きた騒動を描いた初回に続き、遊び心あふれるストーリーを展開した。(以下、ネタバレがあります)

■決めゼリフでバズらせる!

同作は、2017年に「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」(テレビ東京系)、2018年に「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(テレビ東京系)が放送され、話題を呼んだシリーズの第3弾。

都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”では、各局の連ドラや映画作品が集中。“6チャン”日曜9時枠で放送する向井理(本人役)主演の銀行ドラマ「大合併」は、まさかの視聴率最下位に苦しんでいた。

「主役に恥かかせるわけにいかねぇからな」(小沢仁志=本人役)と奮起した助演俳優陣は、向井の決めゼリフをSNSでバズらせて人気に火をつける作戦に出た。用意されたセリフは「俺は獅子の子だ!」。

だが、ふたを開けてみれば脇役たちのセリフばかりがバズる事態に。小沢の「底っぷち」や大倉孝二(本人役)の「もも申し訳訳ござございません」、津田寛治(本人役)の「銀行王に、俺はなる!」、六角精児(本人役)の「手数料泥棒とは俺様のことだ」などが続々とSNSでトレンド入りし、“向かい風に弱い”向井は自信を失う…という展開だった。

■“本人役”が生むメタ的面白さ

向井理といえば、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」(2010年、NHK総合ほか)の村井茂(水木しげる)役や大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」(2011年、NHK総合ほか)の徳川秀忠役で注目を集めた押しも押されもせぬ主役級俳優。

ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」(2018年、テレビ朝日系)で演じたクールなエース弁護士役も記憶に新しい。放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」では室町幕府第13代将軍・足利義輝を演じ、壮絶な討ち死にシーンで話題を呼んだ。

堂々とした役柄を演じ視聴者を魅了してきた向井が、「バイプレイヤーズ」では“バズる”ために四苦八苦する“本人役”を快演。周囲に言われるまま「俺は、俺は獅子の子だー!」「僕は合併しましぇーん!」「理科の理と書いておさむちゃんでーす!」と叫びまくるのだ。俳優が“本人役”を演じるメタ的な面白さがよく効いている。

向井は、生真面目でハートの弱い“本人役”に徹し、脇役たちも支えたくなるに違いないと思わせる愛されキャラぶりで新たな魅力を発揮。視聴者からも「向井くんのイメージが変わった」「向井くんよくこの役引き受けたなぁ!」「向井理の新境地」「新鮮!」といった歓迎の声が続出した。

「大合併」の運命はというと…すったもんだの末、様々なトラブルも重なって、主演の向井が大事なシーンで決めゼリフを忘れてしまうという“放送事故”に。だが、セリフが飛んでしまった向井を応援するかのように視聴者たちがつぶやいた「#喋れ向井」が“ホットワード世界1位”を獲得。向井は見事“バズった”のだった――。

このクライマックスに、「バイプレイヤーズ」のリアルな視聴者も反応。Twitterではこの日、関東地方で「#喋れ向井」が本当に一時急上昇ワード入りする一幕もあった。

第3話は1月22日(金)に放送する。8スタでは、“8チャン”が観月ありさ主演の医療ドラマ『ドクターZ・5』の撮影を行っていた。海外ドラマのような過激なテイストが話題で、視聴率も好調だったのだが、“コンプライアンス”違反を指摘する視聴者からの手紙が引き金となり、過剰な役柄の滝藤賢一が降板させられる事態に!働き方改革や、ハラスメント防止で撮り直しやキャスト同士の衝突も発生し、現場は混迷を極めていく。(文=ザテレビジョンドラマ部)