4月26日(月)からスタートする新番組「賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜SOUDORI〜」(毎週月曜夜0:58‐1:28、TBS※一部地域を除く)。その初回収録後、同番組のMC・有田哲平扮(ふん)する「ソウドリ」CEOの“ドン・アリタ”、進行役を務める宇賀神メグアナウンサー扮する“メグ・ウガジン”、野村彩也子アナウンサー扮する“サヤ・ノムラ”が取材に応じた。アニマル柄の毛皮のコートを羽織り、サングラスをかけたアリタ、黄色と紫のウイッグ姿のウガジンとノムラという、ド派手ないでたちの3人が収録を終えた感想とともに、番組への意気込みなどを語った。

「賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜SOUDORI〜」は、ドン・アリタことMC有田よりすぐりの人気芸人たちが自慢のネタで対戦し、賞金を奪い合うネタ番組。勝者は対戦相手が持つ賞金を略奪し敗者は無一文に。取るか取られるか、漫才、コント、ピン芸、何でもありの“総合お笑いトーナメント”となっている。

■有田哲平「初めての感覚でしたね」

――初回収録が終わりましたが、いかがでしょうか?

有田哲平(以下、有田):新しいネタ番組が始まったと思います。僕も個人的にお笑い番組には何回も携わってきましたが、初めての感覚でしたね。

――初回収録で登場した12組の芸人の出演が発表された際、SNSなどでは「メンバーが熱い!」「最高!」などと、盛り上がっておりましたが、実際にネタをご覧になっていかがでしたか?

有田:「すべったな…」っていう、コンビはいなかったように感じました。なので、(出演した芸人たちの)すべるところを見たい視聴者の方にはこれ以上言うとネタバレになっちゃうので、言いづらいのですが…(笑)、みんな「ウケていたな」という印象ですね。

――有田さんが番組作りの視点からこだわっている部分を教えてください。

有田:この格好を見ていただければ分かると思うのですが、こだわりがないと言ったらうそになりますね。これまでにも若手のお笑い芸人たちとネタ番組などをいろいろやらせていただきましたが、この番組では「どうやってオリジナリティーを出していくか」ということをスタッフの人と何回も話し合いました。

なので、「どうせまた有田がネタ番組を始めたんだろ」と、思って見たら、ちょっと面食らうかも知れないですね。僕自身すごく楽しいですけれど、「このままでいいんだろうか?」というのもあります(笑)。

■“お笑い界の総合格闘技”とは…?

――有田さんの印象、また共演した感想をお願いします。

宇賀神メグアナウンサー(以下、宇賀神アナ):有田さんとは初めて共演させていただいたのですが、最初にお会いした時がこの服装だったので、「ドン・アリタだ!ドン・アリタが目の前に現れた!」という感じで(笑)。

有田:ドン・アリタ知らないでしょ?(笑)

宇賀神アナ:初めて見たんですけれど、「ドン・アリタだ!すごいオーラだ!」って、思いました(笑)。でも、お話したら、気さくに優しく話し掛けてくださったので、支えていただきながらなんとか収録を終えることができました。

野村彩也子アナウンサー(以下、野村アナ):私も今回、初めて有田さんとご一緒させていただいて「どんな方なのかな?」と、思っていたんですけれども、(収録中に)どんな感想を言っても受け止めてくださるのが本当にありがたいです。

有田:そうですね(笑)。われわれ3人の掛け合いも楽しみにしてもらいたいよね。

――今回の出場者のラインアップを見ると、“お笑い界の総合格闘技”という要素が強いネタバトルになっているかと思うのですが、有田さんが今後の出場者に期待する点を教えてください。

有田:僕は昔からプロレスや、格闘技が好きなんですけれど、プロレスの世界でよくあるのは、本人たちが嫌がるカードが実は一番お客さんが盛り上がるということなんです。

女性・ベテラン・若手であれば(ジャンルがばらばらで)戦いやすいんですが、女性・女性・女性となると、比較されそうでいやじゃないですか。けれど、だからこそ、視聴者は見たいんですよね。そういった刺激的なマッチメークを、今後もしていきたいなって思っています。

■有田哲平「“深夜級”じゃない、メジャー級の番組」

――今回の最高賞金額は40万円ですが、今、手に入ったら何を購入されますか?

有田:楽屋でも盛り上がっちゃったんですが、僕は豪邸を建てるために貯金したいなって。リフォームしたり(笑)。ただ、ドン・アリタとして言わせていただくとしたら、今日一晩でシャンパン飲んで、使いまくりますよ!でも、有田としてはしっかり貯金させていただきます。

宇賀神アナ:40万円あったら、私も本当は貯金したいんですけど…メグ・ウガジンは、ブランドもののバッグを1つ買わせていただきたいと思います!

野村アナ:サヤ・ノムラとしては、ゴールドのマイクを買いたいです!

有田:どうするのマイク買って(笑)。

野村アナ:ドン・アリタの勇姿を見ていたら、自分もちょっとマイクを握りたくなりました。野村としては貯金したいんですけれど、テレビをランクアップさせたいと思います。(※番組内にドン・アリタのマイクパフォーマンスあり)

――最後にこれから番組を見る方へメッセージをお願いします。

有田:見ていただければ分かると思うのですが、“深夜級”じゃない、メジャー級の番組になっています。ずっと見続けていただければ、必ずまた違った景色を見せられると思います。

時間帯もぜんぜん違う場所で、すごい長い時間で、必ず見られるような展開になっていくと思いますので、1回も見逃さずについてきてください!