“みちょぱ”こと池田美優が海外ウエディング情報誌「ゼクシィ海外ウエディング 2021 Summer&Autumn」(株式会社リクルート/2021年4月23日[金]発売 ※一部地域を除く)の表紙に、起用されることが分かった。

■みちょぱ、セルフスタイリングの花嫁姿を披露!理想の結婚式について明かす
ウエディングドレス姿での撮影にあたり、「結婚願望が強いので、どんなドレスが着られるのか楽しみでした」と明かしたみちょぱ。撮影では、自身でスタイリングした花嫁姿など、計6パターンを披露。中でも本人のお気に入りはパンツスタイルだそうで、「かわいいって言われるよりも、カッコイイとかキレイって言われる方が私はうれしいかな」と話した。

また、理想の結婚式については「モルディブとか海外の南国で、親族との旅行も兼ねて挙げたいです。友達とは日本に帰ってきて別でやりたい。一方的なものだと退屈になってしまうと思うので、来てくれたゲストも一緒に楽しめる雰囲気の結婚式にしたいですね」と語った。

■恋人は「一緒にいることが普通で、当たり前の存在」。理想のプロポーズとは…?
みちょぱにとっての恋人とは「改めて聞かれると困るくらい、一緒にいることが普通で当たり前の存在」だそう。そんな彼女が考える理想のプロポーズは「家にいて、不意に言われるのがいい。言葉もそろそろ結婚しようか?くらいがいいです」というシンプルなもの。

それは、「私はいろんなところで25歳までに結婚したいって公言しているので、相手も分かっている状態じゃないですか(笑)。だから、『まだかな〜』とか冗談っぽく言っちゃうかもしれません」と未来の相手への期待を添えて、理由を明かした。

■今後の夢は25歳での結婚だけ!「今は目の前のことが楽しいから欲張らない」
今後やってみたいことは?という質問には「25歳で結婚することだけです」と即答。結婚願望は強いそうで「子どもが好きなので、早く子どもが欲しい。だから、出産と結婚の両方を25歳までにしたいです。ウエディングドレスは若いうちに着たいですしね」と、人生プランを語ったみちょぱ。仕事面に関しては「いろいろなことをやらせていただいているので、このままでいい。今は目の前のことが楽しいから欲張りません」と話した。

■「ゼクシィ」編集長が語る、みちょぱ起用の理由
なかなか海外に行けない状況ですが、「やっぱり海外婚がしたい」と思っている花嫁さんの気持ちを後押ししたいと思い、ブレない意志の強さとヘルシーで元気な笑顔が魅力的なみちょぱさんにご依頼しました。

いつもとギャップのあるかわいい系のドレス姿や、自らスタイリングされたかっこいい花嫁コーディネートにも注目です。