2021年1月1日深夜放送の第1弾を経て、4月25日(日)にゴールデンタイムで放送される、“全員笑ったら勝ち”のお笑いバトル番組「PIKOOOON!」(夜8:00-9:54、フジテレビ系)。同番組でMCを務める加藤浩次が、第2弾放送に先駆けてコメントを寄せた。

同番組は、AIを使った新しいお笑いバトルバラエティー。“芸人チーム”VS“笑いを我慢する15人”のお笑いバトルの2チームに分かれて行う。

芸人チームは、リーダーを中心に5人で1組となり、戦略を練りリレー方式で制限時間20分以内に全員を笑わせられたら勝利。笑いを我慢する15人は、笑顔を判定する新開発AI装置“ピコーン”を装着し、誰か1人でも笑いを堪えられれば勝利となる。

今回、芸人のリーダーとなるのは、かまいたち(山内健司・濱家隆一)、くっきー!(野性爆弾)、チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)、堀内健(ネプチューン)。そして、対決するのは、総合エンタメスクール「EXPG」のダンサー、武蔵野学芸専門学校のアート集団、ジェットスタートレーニングセンターのキャビンクルー、新人研修中のフジテレビ新入社員たちだ。

かまいたちは、事前にたくさん打ち合わせをして攻めたメンバーを決めたという。濱家隆一は「こんな純度の高いお笑い番組あるんですか」、山内健司は「直前の打ち合わせが多いなと思っていたけれど、実際やってみたらもっと打ち合わせしておけば良かった」とコメント。

制限時間が残り少なくなった時、笑いを求める芸人魂がさく裂し、濱家がとった行動に「こんな姿、見たことない!」と山内もうなる。長田は、その過酷さを「お笑い賞レースよりきつい」と表現。シンプルだけど、想像以上に過酷でシビアなバトルが起きる。

また、ゲストとして観月ありさと成田凌が出演する。

■加藤浩次からコメント

――収録を終えていかがでしょうか?

いや、楽しかったですね。芸人さんが、笑いを我慢している一般の方をどれだけ笑わせるかというシンプルな番組ですが、最初はAIが判定ってどうなるんだろうって想像がつかなかったけれど公平で面白い。

芸人さんが、キレイに滑っても面白いし、ネタをしっかり仕込んできているのもすごく面白い、僕もMCをやりながら楽しませていただきました。

――見どころを教えてください。

どのチームも面白かったですからね。行った場所に向き不向きもあったり、考えていたところと違うところでたまたま笑ったりとか、一人をロックオンしていたらハタで見ている人笑っちゃうとか、笑いのハプニングや要素がすごく詰まっていて面白い。

笑いの要素っていろいろあるなぁって、勉強にもなりました。皆さんもその辺を楽しんで、笑ってもらえればと思います。