カプコンは5月8日(土)の「バイオハザード ヴィレッジ」発売に先駆け、吉幾三が出演し、「バイオハザード ヴィレッジ」公式イメージソング「俺らこんな村いやだLv.100」を歌うCM映像を4月23日に公開した。

公開された映像では、吉が「バイオハザード ヴィレッジ」バージョンにアレンジされた自身の楽曲「俺ら東京さ行ぐだ」を歌唱。「はぁ〜! 理性が無ェ 正気じゃ無ェ 人間(ひと) かどうかもわから無ェ 油断も無ェ 隙も無ェ 人狼(ライカン)毎日ぐーるぐる」という歌詞が耳に残る仕上がりになっている。

さらに、映像には吉がおなじみの法被姿で熱唱する姿だけでなく、ゲーム画面を見てリアクションする様子や、特殊メークで変身した人狼(ライカン)姿も収録。初めて特殊メークに挑戦した吉は「結構時間が掛かったので、2、3回うとうとしました(笑)。それくらいリアルな出来になっているので、私の怖い一面もぜひ見ていただきたいです」と感想を語った。

■吉幾三オフィシャルインタビュー

――撮影を終えての感想や「俺ら東京さ行くだ」の「バイオハザード ヴィレッジver.」を歌ったときに、難しかった点などありましたら教えてください。

20年くらいあまり歌っていなくて、早いテンポで歌える年じゃなくなったので、言葉自体は難しくなかったですけど。歌うのはまだ一応こんなじいさんでもプロなんで、自分で作った歌なので難しくはなかったです。

(「俺ら東京さ行くだ」について)いまだに、まだこの歌を「あ、知ってる」って言ってくれるのが一番ありがたいですね。日本に初めて入ってきたラップだと言われていますが、ラッパーはこんなの(法被)着ないですからね(笑)。法被も久しぶりに着させていただいて、本当にありがたいと思います。

――今回、人狼(ライカン)の特殊メークも体験されていましたが、感想をお聞かせください。

こういう特殊メークは初めてやりましたが、結構時間が掛かり、2、3回うとうとしました。それぐらいの出来なので、ぜひ私の怖い一面も見ていただきたいと思います。

――人狼(ライカン)に囲まれたら、どのような作戦で戦いますか?

誰かを守るためだったらどういった方法がいいか、人狼(ライカン)たちがどうなのかということを考えますね。日本には銃はないので、刃物とか持って戦うかしかないですけど…戦うときは戦いますね。

――「バイオハザード ヴィレッジ」について、感じた印象などお聞かせください。

本当にリアルな映像で、どんどん入り込んでいく感じでした。物語中もそうだけど、廃家の裏に生えている冬のススキというか、草花とか、(自分の)家の裏にもいっぱいあるので、ひょっとして俺の家の裏を描いたのかなと思ったくらいリアルでした。

ゲームだけど、ただ見てるだけでも楽しいな。やらなきゃ進まないけど、黙って見ててもいいかなと思うくらいリアルな映像でしたね。

――最後に「バイオハザード ヴィレッジ」の発売を待つ「バイオハザード」ファンの皆さんに一言お願いします。

「バイオハザード ヴィレッジ」の発売を待つ「バイオハザード」ファンの皆さま、初めて見ましたけれども、とにかくリアルでびっくりしました。ゆっくり見てみたいなと思っているくらいなので、ぜひ発売を楽しみに待っていてください。

多くの方々に私の歌を歌いながら、笑いながら楽しんでいただきたい、というのがコンセプトでございます。ぜひ、私の人狼(ライカン)姿を見ながら、発売を楽しみにお待ちくださいませ。