小野賢章、高橋愛、出川哲朗、三浦瑠麗が、5月7日(金)放送の 「人志松本の酒のツマミになる話」(毎週金曜夜9:58-10:52、フジテレビ系) に登場。高橋は、夫・あべこうじとの“ペアルック事情”を明かし、MC陣を仰天させる。また、声優の小野が“歯”に関する悩みを告白する。

高橋は、「皆さんはペアルックに抵抗はありますか?」と質問。洋服好きの高橋は、お店に行くと「つい、夫にもおそろいの服を買ってしまう」という。これに大竹一樹と三村マサカズは「ペアルックはしたことない」「彼女と服を合わせる感覚がない」と驚く。その後も夫とののろけ話が止まらない高橋に、松本人志も「本当にアツアツなんやな!」と感心しきり。しかし、その流れで出川哲朗が放った“妻に関する質問”に、MC陣は凍り付き、松本は「地獄の質問!」と渋い顔をする。

声優として活躍する小野は、「僕、歯が弱いんですけど…」と切り出す。虫歯になりやすく、「ある好物を食べたときには歯が欠けてしまった」と語り一同を驚かせた小野は、歯の治療にまつわるちょっとした不満を告白する。

これに三村は「わかります」と深く共感し、そこから“歯医者さんあるある”のトークが盛り上がる。そんな中、出川は「俺はちょっと下手な歯医者さんの方が助かるんです」と言うと、松本は「えー!なにそれ?」と驚く。そこには芸人ならではの事情があるようで…。理由を聞いた一同は大笑いする。ほか、三浦が考える“悪口の境界線”や、娘を持つ父親である三村が心に決めていることなどの話題も。