ディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)の自身初となるオフィシャル写真集「Z-Ero(ゼロ)」が2021年6月30日(水)に発売される。

ディーンはアジア各地でキャリアを積み上げ、東京に拠点を移して約6年。映画、ドラマ、音楽、絵本制作、アジアの子どもたちへの支援プロジェクトなど多岐にわたるフィールドを往来しながら活動する一方で、40歳を迎えた2020年夏、彼自身が企画し、指揮を執るアクション映画プロジェクト「Pure Japanese」(2022年公開予定)のために、ストイックに体を鍛え上げ、思い描く作品の実現に注力した。最強チームを組んで臨んだトレーニングによって、彼の体は理想的なフォルムへと変貌を遂げる。

その過酷かつ過密なスケジュールの終盤に、究極の体となっている“今”を写真に残そうというアイデアが生まれ、この写真集「Z-Ero」の撮影へと繋がっていった。故郷・福島で決行された撮影は、ドキュメンタリー映画のごとく、誰かを演じることなく“彼そのもの”でカメラに対峙した作品ともいえる。

撮影者はInstagramで60万を越えるフォロワーを持つ写真家RK。RKは、ディーンの映画プロジェクトにも携わった一人。今回の写真集ではディーンの故郷・福島の名所、磐梯吾妻スカイライン周辺をロケ場所に選び、その雄大な背景とディーンを融合させながらも、彼の存在感を際立たせた写真を撮影している。

また、写真集のタイトルには、「ZERO(ゼロ)からスタートする気持ちで臨む」という想いが込められているといい、写真集のラストには、彼自身の言葉で“心の内側”を語ったインタビューも収録されている。