神木隆之介が5月15日に都内で開催された『ファイナルファンタジーXIV デジタルファンフェスティバル2021』のステージコンテンツ「直樹の部屋」に登場。自身も熱心なプレイヤーである神木と、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏とのトークセッション、神木の「FFXIV オフィシャルアンバサダー」就任式が行われた。

冒頭で、『ファイナルファンタジーXIV』との出会いを聞かれた神木は、「ゲームと出会ってからは2年くらいです。すごく仲の良い親友に誘われて始めました。当時はパソコンの環境も整っていなかったので、金曜日の夕方から次の日の朝まで夜な夜な漫喫に通って2人でずっとやっていました。何もわからなかったので経験者の友だちに、ゲーム内のスキルとか、技の避け方、バトルのシステムとか全てを教えてもらっていたので、よく朝帰りをしていました(笑)」と、驚きのハマりぶりを披露。

トークセッション内で、俳優として演じる時に気をつけていることを問われると「目はすごく意識しています。日常にリアリティを持たせるために、考えている時や、無意識の時、セリフを言い終わった後に、どこを見るのかはすごく考えるし大切にしています。それと、役の人生を生きること。たとえば、バスに乗っている時に、ふと今の役だったらどんな表情でバスに乗っているのかな?と考えたりもします」と役者論を語った。

さらに、それを受けて吉田氏が「キャラクターの人格はゲームに出てくるシーンだけでなく、背景まで突き詰めている」と話すと、神木も「役には年齢や育ってきた環境などがあって、役者は彼らの人生の一部を切り取って演じてみなさんに見ていただているという意識なので」と、深く同意するシーンも見られた。

イベント終盤には、神木の「オフィシャルアンバサダー就任式」が行なわれ、ストリーミング配信でFFファンが見守るなかステージ上で任命書が手渡された。

イベント終了後に行なわれた記者会見では、改めてアンバサダー就任について感想を聞かれ「趣味として始めたゲームなのに、今こうしてマイクを持っているのが不思議です。嬉しいとか幸せでは足りない気持ちで、信じられないくらいです!」と喜びを表現。

記者から「現実世界で魔法を使えるとしたら?」と質問されると、「攻撃魔法を使いたいけど現実世界で使ったら大変ことになりそうなので、回復系か、テレポ(テレポーテーション)がいいです!」と笑顔を見せるシーンもあった。

続いて、「同ゲームをやったことのない友だちへの誘い文句」という問いには「“現実ではなかなか体験できないことを日常に体験しにいこう!”と言います。普段の日常では感動や悲しみなど、ウワッと感情が動くことって意外とないと思うんです。あるけど、しょっちゅうではない。でも、ゲームは感動や悲しみや喜びが当たり前のように体験できる。ユーザー仲間との友情や絆もあって、現実世界とはまた別の1つの世界が存在しているのが素敵だなと思います」と熱っぽく語った

取材・文=原千夏