竹野内豊主演の月9ドラマ「イチケイのカラス」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第9話(5月31日放送)に松風理咲がゲスト出演することが決定した。本作は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称、イチケイ)に所属する型破りな刑事裁判官・入間みちお(竹野内)と、入間に振り回されながらも真実を掴もうと奔走する刑事裁判官・坂間千鶴(黒木華)ら、イチケイメンバーの活躍を描いた物語。
松風は被害者の娘・桐島希美(16)役で出演。竹野内とは、初の連ドラ出演作「グッドパートナー 無敵の弁護士」で親子役を演じて以来、5年ぶりの共演となる。今回のインタビューでは、「イチケイのカラス」第9話の撮影に臨んだ時の気持ちなどを聞かせてもらった。

――これまでの放送回を観ての「イチケイのカラス」の印象は?
主人公が裁判官で、法廷モノということもあって重い事件も取り上げられているんですけど、登場人物がみんな個性的で面白いキャラクターなので、楽しく観ています。裁判官が外に出て現場検証をしたり、今まで観たことがなかった世界なので面白いです。
――第9話のゲスト出演が決まった時はどんな気持ちでしたか?
竹野内さんとは5年前、私が初めて連ドラに出演した「グッドパートナー」で共演させていただいていたので、すごくうれしかったです。前回は竹野内さん演じる弁護士の娘の役でしたけど、今回は被害者の娘役ということで、より法廷モノというのを実感しました。証言台に立って証言するシーンは、これまでそういう経験がないので、たくさんの人に見られていてすごく緊張しました。
――撮影とは言え、裁判官、弁護士、検事、裁判員など、たくさんの人がいて、リアルな雰囲気ですからね。
そうなんです。裁判での証言って、何がまだ真実か分からない中で行わなければいけないので、不安もありながらも、どこか強い気持ちを持って立たなければいけないなって思いました。なので、緊張しましたけど、撮影では「ひとつ何か信じるものを持とう」と思って臨みました。
――竹野内さんと再び共演してみてどうでしたか?
5年前と同じで、温かい人だなぁって思いました。穏やかで優しい竹野内さんの雰囲気があったから、撮影の本番では緊張を感じずに証言台に立つことができました。また共演できて良かったです。

――「グッドパートナー」出演時のWEBザテレビジョンのインタビューで、憧れの女優さんとして黒木華さんを挙げられていました。今回、共演できましたね。
はい。雰囲気は柔らかいんですけど、演技が鋭いというか、すごく響くお芝居をされていて、すごい方だなって改めて感じましたし、尊敬しています。撮影の合間に、ちょっとだけですけどお話しもさせてもらいました。コロナの影響もあって、他の共演者の方ともそうですけど、あまりお話ができなかったのが残念です。
――第9話、どんなところに注目して観てほしいですか?
ネタバレになっちゃうので、内容に関してはあまり喋れませんけど、希美ちゃんの信じる強さとかにも注目して観ていただけたらうれしいです。私は今20歳で、希美ちゃんは16歳なんですけど、私が16歳の時よりしっかりしてますね(笑)。
――「グッドパートナー」「イチケイのカラス」に続いて、今後も法廷モノと縁があるかもしれないですね。
そうだと嬉しいです。今回、裁判官ってかっこいいなって思いましたし、弁護士や検事の方もビシッとスーツを着て、資料とかを見ながら理論的に説明する姿がカッコ良かったので、いつか裁判官とかを演じてみたいなって。他にも演じてみたい役とかがたくさんあるので、もっとお芝居が上手になりたいです。「この役、理咲ちゃんっぽいな」って思って、声をかけていただけたらすごく嬉しいので、求められる女優さんになりたいと思っています。
――普段、気分をリフレッシュしたい時、どんなことをしていますか?
私、お笑いが大好きなのでバラエティ番組を観たり、配信で寄席を観たりしています。笑うことで気分転換になっていますね。この1年ぐらいはラジオを聴く時間も増えました。コロナの影響で大学の授業もオンラインで行われていて目が疲れるので、目を閉じてラジオを聴いています(笑)。

――どんなラジオ番組を聴いているんですか?
お笑い芸人さんの番組が多いですね。バナナマンさん、霜降り明星さん、ミキさん、和牛さん、ぺこぱさん、かまいたちさん…。とにかくトークが面白いんです! 家で聴いてる時は結構大きな声で笑っちゃってますね(笑)。

――特にお気に入りの番組とかコーナーを教えてください。
霜降り明星さんの番組(「霜降り明星のオールナイトニッポン」)で、「一行」っていうコーナーがあって、リスナーの方から送られてきたショートショートの一行だけを発表するんです。段々と番組のノリで、せいやさんをイジる内容が増えてきて、ラジオネームを実際にいる方の名前、例えば、松本人志さんとかの名前で送ってくるんです。このコーナーのノリが面白くて好きです。
――ラジオ番組はリアルタイムで聞いているんですか?
深夜の番組が多いのでラジコのタイムフリーで聴くことが多いですけど、金曜日の夜とか、翌日ゆっくりできそうだったらリアルタイムで聴きます。でも、バナナマンさんの番組(「バナナマンのバナナムーンGOLD」)と霜降り明星さんの番組(「霜降り明星のオールナイトニッポン」)が同じ時間なんですよね。どっちをリアタイで聴こうかな?っていつも迷います(笑)。

――それだけラジオにハマっているのであれば、今後ラジオのお仕事も。
やってみたいんですけど、芸人さんのラジオを聴いていると、あんなにうまく喋れないので難しいんだろうなぁって。一人で喋るのは無理なので、誰かと一緒だったらやってみたいです。

――もう5月も終わりで、6月に入ります。梅雨はありますが、この夏、やりたいことはありますか?
私、インドア派なので、暑いと思ったら外に出たくないなって思っちゃうんです。でも、コロナ禍でこんな状況が続いているので、もし夏に状況が変わっていたら外に出たいですね。この前、友達と「麦わら帽子って可愛いよね。普段あまりかぶらないから、麦わら帽子が似合うようなところに行きたい」って話をしていたので、暑い時に出かけるのは苦手ですけど、一つチャレンジとして、麦わら帽子をかぶってオシャレな草原とかに行ってみたいです。

取材・文=田中隆信