俳優の間宮祥太朗が、飲むアイス「クーリッシュ」の新テレビCM「頑張るふたり」篇に登場。頑張る間宮と女の子がクーリッシュのスッキリとした甘さと冷涼感で、リフレッシュする様子が描かれている。

■CMストーリー

冒頭、暑い夏の日におうちの中で仕事を頑張る間宮と、お絵描きに集中している女の子が、2人並んでいる様子から同CMがスタート。2人はほてり顔でパソコンに向かっていたり、お絵かきに集中しているが、間宮の「チューっといきます?」の問いかけに、女の子が「ご一緒します!」とかわいく返事をする。

冷蔵庫の前でクーリッシュを飲み、仲良く「いきかえる〜!」とコメント。クーリッシュでリフレッシュした2人は、爽やかな気持ちで作業を再開する。

■女の子の緊張をほぐす間宮祥太朗

今回の撮影で初めての共演となった2人。撮影序盤では緊張のせいか、なかなかOKが出ない女の子の様子を見た間宮は、女の子が描いていた絵を指さしながら優しく話しかけたり、クーリッシュを一緒に飲みながら「おいしい?」と緊張をほぐす“神対応”。

そのおかげかだんだんと緊張がほぐれ、徐々にOKが出るように。スタッフからも「上手〜!」と拍手が湧き、撮影はスムーズに進行した。

撮影が徐々に進んでいく中、すっかりと打ち解けた様子の2人。撮影合間の休憩中もずっと一緒におしゃべりをしたり、セットの中でお絵描きやじゃんけんでゲームをしたりと仲むつまじい様子を見せた。

テレビCM内で女の子が間宮さんのまねっこ演技をするシーンは難なくクリア。撮影中、女の子の眼鏡がずれてしまっていることにいち早く気づいた間宮が、さっと直してあげる場面もあった。

■1人での撮影シーンになると表情が一変!

女の子との撮影シーンでは優しく和やかなお兄さんらしい一面を見せていた間宮だが、1人での撮影シーンや、監督と話すときの様子は一変。真剣な表情で演出のイメージを話し合っていた。クーリッシュを飲んで「いきかえる〜!」のシーンでは、全身でバニラの甘さや冷涼感からくる“リフレッシュ”を表現。

モニターを見ながら自身の演技を細かくチェックし、監督からのOKが出ると、その演技力に魅了されたスタッフから大きな拍手が。間宮は爽やかな笑顔で現場を後にした。

■間宮祥太朗コメント

――撮影を終えて、印象に残ったシーンはありますか?

冷蔵庫の前で2人で(床に)座って、クーリッシュを飲んでいるシーンで、同じ脚の形(ポーズ)になっていて、そのまねをし合うというのがすごく楽しかったです。彼女が自由にしているので、僕がいつも合わせる感じでやっていました。

――今回、クーリッシュのCM初出演ですが、クーリッシュにはどのようなイメージを持っていますか?

クーリッシュの発売が18年前で2003年ですよね。その時自分が多分10歳くらいなので、発売したときにリアルタイムで知っていたと思うのですが、中学校の部活帰りにみんなで飲んでいたイメージが強いですね。

野球をずっとやっていたんですが、帰りにコンビニに寄って、みんなでクーリッシュを飲んでいました。この形で飲み方がすごく斬新だったのと、みんなで持ちながら歩くというのが中学の時の思い出としてとても残っています。

やっぱりこの形はなかなか珍しいじゃないですか。僕は中学が男子校だったので、やっぱりクーリッシュを飲んでいる時はちょっとかっこつけられるんですよね。ワンハンドで飲めるので、同級生もみんなちょっとかっこつけてたかなという気がしますね。

――普段はどのような時にクーリッシュを飲みますか?

普段は、仕事の差し入れで飲んだりします。夏の撮影の時、暑くてみんな熱中症対策をしている中で、やっぱりアイスの差し入れってすごくうれしいだろうなって思って。現場でバタバタしている中でも飲みやすいし、夏の撮影を乗り切る意味で差し入れさせてもらったりしていました。

――これがあれば「いきかえる〜!」という習慣を間宮さん流の生き返る方法をフリップに書いて教えてください。

「長時間眠ることでいきかえる〜!」

なんであれしっかり寝れば、精神的にも体力的にもなんでも回復する感じがしますよね。休みの日も昼過ぎくらいまで眠ったりするので、起きた時に疲れが取れた感じはします。でも、ちょっとした後悔はありますよね、長時間眠ると一日が短いので。

――長時間寝た後に一番飲みたくなるものはなんですか?

クーリッシュです!!(笑)


――さまざま役を演じられていますが、成果を出し続けるために続けていることはありますか? 一言でフリップにお書きください。

「フラット」

自分の特徴というかマネジャーにも結構言われるのですが、フラットで居続けることです。自分の精神的にも仕事する上でのモチベーション的にも、フラットでいられる自分に結構助けられてるなと思います。

全く仕事がないまま何カ月というのもありましたが、その間不安になったり不安定になったりなどもなく、「あー今仕事ないんだな、遊ぼう。」という感じでした。

忙しいタイミングもあれば忙しくないタイミングもあるなと思っているので。あまり自分の精神がアップダウンしないような性格をしているため、そんな自分にはすごく助けられているなと思います。

――6月21日(月)に発売される「クーリッシュ 涼みラムネ」を試飲いただいて、いかがですか?

おいしいです! パッケージも、ひまわり、花火、ビーチの3種類で、ザ・夏という感じですね。さっぱり爽やかな感じで、人それぞれ好みはあると思いますが、「クーリッシュ 涼みラムネ」はどちらかというと爽快な感じがします。僕の思い出で言うと、部活終わりにクーリッシュを飲んでいたと言いましたが、これは部活前に飲みたい味です。

――おうちの中だったら、どのような時に「クーリッシュ 涼みラムネ」を飲みたいですか?

家の中だったらベランダか、ちょっと高望みですが、縁側がいいです。縁側でもクーラーじゃなく、扇風機がいいですね。やっぱりラムネ味なので風鈴も(あると)音がして、いいですよね。

それが理想です。今日のセットにも縁側がありますが、縁側のある家に憧れます。時間は起きて、昼ご飯を食べてちょっとお腹が落ち着いた頃の、14時半がいいですね。

――「クーリッシュ 涼みラムネ」のように甘くて爽やかな思い出はありますか?

小学6年生の時、3色対抗リレーのアンカーだったのですが、自分の色が負けていたんです。当時、同じクラスにいいなあと思う子がいて、その子は女子のアンカーでした。6チーム中4位くらいで男子アンカーの僕がその子からバトンをもらって走ったのですが、1位になってゴールテープを切ったんです。

その時リレーの得点が1番高いこともあり、点数を巻き返して総合1位になったんですよ! 小学生の時は、ハグって恥ずかしいと思っていたのですが、喜びと興奮で、そのいいなと思っている女の子とハグをしたのが、最後の(甘くて爽やかな)思い出ですね。

――視聴者にメッセージをお願いします。

今回のクーリッシュのCMはいかがでしたか? 仕事や勉強で頑張った後のクーリッシュで、「いきかえる〜!」様子を表現してみました。みなさんも、このCMのように頑張った後は甘くて冷たいクーリッシュでぜひ、リフレッシュしてください。