映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の大ヒット御礼舞台あいさつが6月12日に東京都内の劇場で行われ、佐藤健と有村架純が登壇。さらに、大友啓史監督と主題歌を担当するONE OK ROCK・Takaがリモート出演した。

同作品は人気コミックを映画化したシリーズの最終章で、「―The Final」と「―The Beginning」の2部作連続公開で10年の壮大な歴史に幕を閉じる。物語では、動乱の幕末を舞台に、佐藤演じる剣心の十字傷に秘められた真実を描く。

舞台あいさつでは、4人それぞれが「幸せなひととき」を告白。

有村は「家に観葉植物があるんですけど、『枯れて』『新芽を出して』を繰り返して長生きする観葉植物なんです。すっごく愛でているので、その観葉植物の新芽が出た時が本当にかわいくて幸せ」とにっこり。

対する佐藤は「僕は深夜のペヤングですね。1日頑張って仕事して、ちゃんと夜ご飯も食べたのに(笑)」と明かして会場を沸かせた。

一方、Takaは「一生懸命、曲を作ったりレコーディングをして、ひと段落ついて『明日何もないな』『自分の時間が持てるな』という気持ちに浸れている時ですかね」と告白。

そんな中、大友監督は「健くんとTakaの関係を見ていると幸せな気持ちになりますね」とコメントし、舞台あいさつ中随所に仲の良さを見せた2人を引き合いに出し、彼らの関係に感服していた。