三森すずこ、蒼井翔太ら出演の舞台「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD 〜陽いづる雪月花編〜」に、凰稀かなめ、富田麻帆が出演することが決定した。本作は、徳川慶喜が絶対権力を維持し続けている日本を舞台に、政府組織である処刑人組織と政権打倒を掲げる反体制派組織の争いが描かれるアニメ「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」(毎週火曜夜1:29-1:59、日本テレビ系)の舞台版。

アニメ版で声優を務める三森、蒼井、Raychell、伊藤彩沙、小林親弘が出演することが決定し、話題となった同舞台。

幼いころ家族を殺され復讐に生きる主人公・雪村咲羽役を務めるのは、「ラブライブ!」の園⽥海未役や、「ヒーリングっど・プリキュア」(2020〜2021年、テレビ朝日系)のキュアアース/風鈴アスミ役などを演じた三森。

また、男装の麗人・月城真琴役を「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズの美風藍役や、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」シリーズのジオルド・スティアート役などを演じた蒼井が務める。

そしてこのたび、舞台版キャストとして追加発表されたのは、元宝塚歌劇団宙組トップスターの凰稀と、舞台・アニメと幅広く活躍する富田。2人は三森、蒼井、Raychell、伊藤、小林ら声優陣とアニメの優美な世界観はそのままに、壮大で艶麗な舞台を織りなす。また今回、追加キャストの発表とともに公式ホームページも公開された。