GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の6月20日(日)の放送回は、スペシャルゲストとして、今回がテレビ初登場となる5人組YouTuberのコムドットが登場し、GENERATIONSのメンバーたちとともに、コムドットの代名詞企画「ドロケイ」で、大人ならではの心理戦を駆使した白熱バトルを行う。

■「コムドットに、いろいろ聞いてみよう!」では

オープニングトークでは、緊張のあまり、思わず表情がかたくなってしまうコムドットに、進行を務める小森隼が、「緊張されてます?(笑)」と質問したところ、リーダーのやまとがうなずきながら、「(テレビ出演は)ガチで、初めてです…」と答えると、意外な事実を聞いたメンバーたちは驚きの声を上げる。

また、フリートークでメンバーたちからの質問に答える「コムドットに、いろいろ聞いてみよう!」では、それぞれ気になっていることを質問していくなか、「今、いちばん欲しいものは?」という質問で、5人中3人が「休みが欲しい」と答える。これを聞いた白濱亜嵐は、「そんな忙しいの!?」と驚きの声を上げると、ひゅうがが「(睡眠時間)3日で6時間とかですね…」と衝撃の事実を打ち明ける。あまりの多忙ぶりを知ったメンバーたちは、「マジすか…」「じゃあ、今日は巻こう!」と提案し、現場の笑いを誘っていた。

また、「推しメンバーは誰?」という質問では、GENERATIONSのなかで、コムドットから断トツ人気を誇るメンバーが明らかになる。

■コムドットチーム参戦の中務裕太は

番組の後半では、コムドットの代名詞として知られる企画「ドロケイ」で対決する。

泥棒チームと警察チームに分かれて行うこのゲームは、制限時間40分という限られた時間のなかで、残り時間によって、立ち入り禁止のフロアが出てくるというルールのもと、逃げまわる泥棒チームを警察チームが全力で捕まえに行く体力戦だ。

メンバーたちは、これまで視聴者たちと「24時間ドロケイ」など、大規模な戦いをくり広げてきたことで“ドロケイ慣れ”しているコムドットに勝利することができるのか、人数合わせのため、今回、特別にコムドットチームでの参戦となった中務裕太はどうだったのか、を視聴することができる。