TEAM NACSの森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真が6月19日、都内で開催されたTEAM NACS結成25周年×WOWOW開局30周年「がんばれ!TEAM NACS」完成報告会見に登壇した。

6月20日(日)より放送・配信される「がんばれ!TEAM NACS」は、TEAM NACS の出身地である北海道を盛り上げる応援企画でもあり、メンバーが名作映画をオマージュしたヒーローに扮(ふん)し、吉田羊が悪役“女帝デロリアン”として参戦する「バック・トゥ・ザ・戦隊・フューチャーズ」を皮切りに、国民的グループを目指して楽曲制作、「NACS新メンバーオーディション」など、さまざまな企画をラインアップ。

既に無料配信中のepisode1を見た視聴者からは「何これ」「分からないけど面白い」「爆笑!」などとSNS などでも話題を集めている。

TEAM NACSの結成25周年とWOWOWの開局30周年を記念したプロジェクトになるが、大泉は「もうすぐ50になろうかというおじさん5人の謎の番組ですが、今日、記者の数が多いんじゃないでしょうか。女優さんと出るより、フラッシュの数が多い気が…これを含めてドッキリかと思ってしまう」と明かし、笑いを誘っていた。

森崎は「25周年という節目にこのようなお仕事ができて幸せです」とあいさつし、「ドラマを撮ったとか、作品を作ったという気持ちになる前に撮り終わった感じで…。僕らこういうチームでこういう状況だとしゃべっただけで、何となく私たちの生態を撮っていただいたドキュメンタリーだなと思う。カテゴリーに属さないですね」と今作について説明した。

NHKで大河ドラマを手掛けた堀切園健太郎が演出を担当するなど、名うてのスタッフが集結しているが、安田は「非常に豪華な方たちに、われわれ5人のばかばかしいところを切り取っていただいた。脱線話や無駄なトークが逆に切り取られることで、新しいジャンルのものができました」と言い、「25年たちますが、まだまだTEAM NACSを知らない人はたくさんいると思いますので、これを機会に知っていただけたら」と期待した。

大泉も「カメラさんも非常に豪華で、これから私が出演する作品のオファーを断られた方がなぜかこの現場にいまして、『これいいからあっち撮ってくれ』と話をして。無駄に豪華でした」と口にして笑いを誘うも、「映像がめちゃくちゃかっこいい。あれだけ撮ったインタビューが絶妙に配置されていて、すごいものになったなとビックリしました」と感慨深い様子で明かした。

企画の中では、戸次発案の「新メンバーオーディション」も開催されたが、「われわれの世代にはたまらない、『スター誕生!』的な要素が盛り込まれた、素晴らしく面白いシーンになってると思います」と手応えを明かし、音尾は「このストーリーは、われわれの25周年を祝うために5人が1人ずつ奮闘する話ですが、私はほぼほぼ途中まで包帯を巻いてる(笑)。どの時点で包帯が外すのかが見どころです。肉眼ではっきり見たいものありますから」と打ち明けていた。

最後には、音尾は「フェイクドキュメンタリーなんですけど、自分の言葉で会話していかないといけないので、その中にも本音の言葉が混じっていて。監督がドキュメンタリータッチにいろいろ切り貼りして使ってる。5人がどういう歩みをしてきたのかを映像に裏にある端々から感じ取れるドキュメンタリーとして楽しんで」とアピール。

大泉は「私は間違いなく面白いと思います。ファンは間違いなくドキドキ見られるだろうし、われわれを知らない人でも新しい映像世界の扉をたたいてほしい。ストーリーはもちろん、とんでもないゲストがアホみたいに出てきます。われわれも今後ドラマに出る時、こういうお芝居ができたら賞をもらえたかもと思え、上手じゃんと思いました。お芝居とそうじゃない狭間が非常に面白いです」とニヤリ。

戸次は「私が心配してるのは、私が原因でいろんなあつれきが生まれる瞬間があるんですけど、あくまでもこれはフィクションです。ホントだと思っていたら戸次が大嫌いになるシーンが出てきます。これを見た妻も『やばい。あんたの好感度だだ下がりだ』と言ってましたので、『あくまでフィクションです』と声を大にして言いたいです」と弁明した。

安田は「われわれ25周年でWOWOWも30周年。今はいろんな映像の楽しみ方があるけど、WOWOWはパイオニア。いろんなコンテンツがあるので、われわれがきっかけになれば」とニッコリ。

森崎は「ドキュメンタリーという声が上がってますが、人となりを探るドキュメンタリーではなく、あまり知られていない生態の実態を暴くドキュメンタリーのカテゴリーで、それは見せたくないなと思い、WOWOWのことは大好きですが、『がんばれTEAM NACS』は見てほしくない」と衝撃の発言をし、締めくくっていた。


◆取材・文・撮影=TAKAMI