デビュー曲の振付を市川美織(元AKB48/NMB48)が担当することでも注目のガールズグループ「miao(ミャオ)」が19日、東京・新宿住友ホールでお披露目ライブ「miao〜13 shiny dolls〜」を開催した。ライブ前に行われた取材では、メンバー最年長の夏目綾が、「SNSなどの普及でいろいろな形の“かわいい”が広がっている時代だと思いますが、miaoの旗印の下、王道のかわいい世界が大好きなメンバーが集まりました。王道の中の王道はごまかしが効かない世界だと思いますが、かわいいだけでなく、その道を突き進んでいく“強さ”も見せていけるグループになっていきたい」と意気込んだ。

■コンセプトは「リボン」「ピンク」「猫」
miaoは、「リボン」と「ピンク」と「猫」をコンセプトに掲げ、“最上級のかわいい”を追求するガールズグループ。約2000人の応募者の中からオーディションで選ばれた碧月このみ、有栖楓乃、石田萌依、今垣李華、白須彩乃、芹乃莉星、内藤桃子、夏目綾、花守笑奈、羽野凜音、日向みのり、澪川舞香、由利美桜の13名で構成される。人気ファッション誌「LARME」が衣装プロデュースなどのビジュアルサポートを手がけ、「#夢月メイク」で 10代・20代女性から支持を受けるヘアメイクアップアーティスト・夢月らがプロジェクトに参加している事も話題になっていた。

今年1月1日にメンバーを発表、2月14日にお披露目イベントを開催していたmiao。この日、約4か月ぶりにファンの前に姿を見せ、8月4日(水)リリースのデビューシングルで表題曲の「miao!」とカップリング曲「Fancy Fancy」を初披露する事となった。

デビューシングルの表題曲「miao!」はグループ名を冠したまさに名刺代わりの一曲。夏目は「グループの世界観を体現している曲。“甘くてかわいい”という歌詞があるんですけど、それは私たちをビジュアルサポートしてくださっているファッション誌『LARME』さんのテーマでもあります。振付は市川美織さんに担当していただきました」と紹介。

市川美織による「miao!」の振付については「みおりんさんに振付していただいたことも光栄ですけど、それを差し引いてもすごくかわいいんです! 猫が伸びをするようなポーズとか、猫の要素がふんだんに盛り込まれていて、見れば見るほど、『これはこういう意味があるんだ』って楽しめるダンスなので、私たち自身も楽しんで踊っています」とうれしそうな表情で答えた。

もう1曲の「Fancy Fancy」はアップテンポなダンスミュージック。本日の衣装も初披露となる「Fancy Fancy」の新衣装という事で、「2月のお披露目の時の衣装は『miao!』のほうのイメージで、今回の衣装は『Fancy Fancy』のイメージです。一人一人ちょっとずつデザインと色味が違っていて、動きやすい衣装なので、『Fancy Fancy』のダンスも“映える感じ”で見ていただけるんかなって思います」とアピールした。

■「最終目標はAKB48さん、いつか超えていきたい」
取材では、目標やライバル視しているアイドルグループに関して質問も。夏目は「私たちはまだペーペーなので、そんなおこがましいことは言えないんですけど」と前置きしつつ、「やっぱり私たちの世代の女の子にとってAKB48さんは特別な存在。最終目標はAKB48さん、そしていつか超えていきたいです!」と声高に宣言。「今の私たちは、出させていただけるのであればどこでもありがたいんですけど、ベタかもしれませんが、日本武道館(のステージ)に立ってみたいです」とグループの目標を明かした。

ここで、「miao!」の振付を担当した市川も取材に合流。自身が担当した振付について、「もちろんみんながかわいく踊ってくれているというのもあるんですけど、我ながら『かわいいなぁ』って思いました(笑)。初めての振付なので、右も左もわからないまま私の経験だけを頼りにやったものでしたが、みんなが実際に踊っているのを見て、“すごくよくできたな”って自分をほめてあげたいぐらい素敵な感じになっていました」と胸をなで下ろした。

グループ名“miao”にちなみ、振付は猫っぽさやキャッチーな感じを意識したそうで「手招きする感じとか、サビにも猫感を盛り込みました。TikTokでも猫の手の仕草だったら真似しやすいかなって思ったので、真似しやすさと猫っぽさを全面に出しつつ、ちょっとセクシーな感じも盛り込みました」と注目ポイントを語り、「手ごたえはあります。みんなのダンスも可愛いので、100点満点ですね!」と笑顔を見せた。

最後に、コンセプトの一つである猫にちなんで、一番猫っぽいメンバーを聞かれると、市川は「芹乃莉星ちゃん」と即答。「猫ってふわふわしていて掴もうとしていても掴めないじゃないですか。莉星ちゃんもずっとふわふわしていて掴めないんですよ(笑)。でも、めちゃくちゃ愛嬌があって、物おじせずに近寄ってきてくれるんです」と理由を伝えると、芹乃は「みおりんさんに猫っぽいって言われたら、もう私、猫になるしかないなって思います(笑)」と喜びを伝えた。

■ファンの前でついに楽曲を披露
取材終了後、この日を心待ちにしていた多くのファンを前に、お披露目ライブがスタート。お笑いコンビ・しずるの村上純が司会を務め、市川美織もゲストとして参加。レッスン風景やインタビューなど、デビューまでの準備期間を振り返るオープニングムービーが流れたのち、メンバー13人がステージへ。「みなさんが初めての目撃者となるので目に焼き付けてくださいね!」と市川が呼びかけ、miaoがデビュー曲の「miao!」を披露した。王道アイドルポップスと猫っぽさにあふれた振付でファンを魅了すると、続けてカップリング曲の「Fancy Fancy」では、かわいさにかっこよさをプラスした楽曲で、かわいいだけでは終わらないグループの可能性を感じさせた。

ライブ後半、「miao!」のMVのティザー映像がステージ上のスクリーンで初公開。メンバーも初見だったようで、日向みのりは「『アイドルになった!』って実感が湧いちゃいます」と興奮気味。今垣李華は「大画面でみんなと一緒に見られたものもうれしいですけど、(ティザー映像以外にも)みんなといっぱい撮っているので楽しみに待っていてくれたらうれしいです」とMVのフルバージョンへの期待をあおった。

最後は、夏目が「メンバーお披露目イベントから4か月ほど経ちました。私たちメンバーにとってはいろんなことを初めて経験させていただく4か月だったので、あっという間の日々でしたけど、待っていただいた皆さんには長い時間だったんじゃないかなと思います。オーディションから応援してくださった皆さんには、これからどんどん成長していく姿を見ていただきたいですし、新しく私たちを知ってくださる皆さんにも、私たちが作り上げる“かわいい”の世界で魅了できるように頑張っていきたいです。ありがとうございました!」と感謝を伝え、初ライブを締めくくった。

miaoのデビューシングル「miao!」は8月4日(水)発売。
(取材・文=田中隆信)