関西ジャニーズJr.のグループ・なにわ男子の大橋和也と藤原丈一郎が、6月22日(火)放送の「ちゃちゃ入れマンデー」(毎週火曜夜7:00-8:00、カンテレ※関西ローカル)に登場。

関西のあらゆるテーマに独自の目線で“ちゃちゃ”を入れまくる同番組。今回のテーマは、「言われてみれば…何でやろ?関西人の疑問を解決SP」。普段は当たり前すぎて気にも留めないが、実はその成り立ちや理由がほとんど知られていない関西人が抱きがちな疑問を解明していく。

■初登場のなにわ男子・大橋和也、岡田圭右は「師匠ですね!」

オープニングでは、以前なにわ男子とバラエティー番組で共演していた岡田圭右(ますだおかだ)が、「お笑いのイロハ全部たたき込んでる。岡田の笑いの教科書、熟読してる」と鼻高々に自慢。番組初登場の大橋も「師匠ですね!」と笑顔を見せるが、メインMCの東野幸治から「(岡田は)本番中はダメ出しとか厳しいの?」と聞かれ、「あんまりなかった。『俺を見て学べよ』という感じ」と暴露すると、「誰が言うとんねん!」と黒田有(メッセンジャー)がツッコみ、岡田は苦笑い。

そして解決する最初の疑問は、「なぜ大阪城はあの場所に建てられた?」。「前から『ちゃちゃ入れマンデー』にすごく出たかった!」と張り切る大橋は、大阪城周辺にたくさんあるビルに注目し、斬新な回答を披露。黒田から「ビルないやんけ、昔の大阪城の周りに」と厳しく指摘されるが、“師匠”の岡田は、「ええよ、今のでええよ」と優しくフォローする。

番組では他にも、「関西人がワイシャツをカッターシャツと呼ぶのはなぜ?」「兵庫県明石市が“標準時のまち”と言われているのはなぜ?」など、関西人の素朴な疑問を解決。「大阪人がカレー好きなのはなぜ?」という疑問では、藤原が愛してやまないプロ野球チーム“オリックス・バファローズ”の知識を絡めて推理する。