6月21日放送の「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP」(日本テレビ系)の「しゃべくり007」ブロックに中川大志がゲスト出演。幼少期の写真を公開しながら、しゃべくりメンバーとのコミカルなやりとりを見せた。

前回出演時の“リベンジに燃える”という紹介で登場した中川。上田晋也(くりぃむしちゅー)が「リベンジって何のこと?俺は楽しかった記憶があるけど」ととぼけると、「加害者側は覚えていないんですね」と指摘する。

中川は前回、自身で企画を考えてきたが、その企画をやる前に当時、中川が習っていたというブラジリアン柔術にしゃべくりメンバーが食いつき、そこをイジられただけで収録時間がほぼ終了。考えた企画がほとんどできなかったという状況になっていた。

今回の出演が決まった際、中川はスタッフから前回と同じ企画でのリベンジを持ち掛けられたが「諦めました」と投げやり。しゃべくりメンバーからそれはダメだと指摘されると「ブラジリアンやるじゃないですか」と反論し、前回とは違う新たな企画を考えてきたという。

中川は自身のこれまでの軌跡が分かる多くの写真を持参。1枚目でテレビ初出しという、3歳のころ、女の子もののレオタードを着た写真を公開する。3歳からジャズダンスを習っていたという中川は、先にダンスを習い始めていた姉のレオタードを借りて撮ったものだと説明。その頃からダンスに打ち込み、将来は「ダンサーになりたかった」と打ち明ける。

するとそこから、有田哲平(くりぃむしちゅー)が、原田泰造(ネプチューン)も昔はダンサーを目指していたというフリを入れ、結果、原田の変な動きに合わせて、中川も踊らされる展開に。前回同様、ダンスに時間を取られて企画が進まないが、中川は「こっちの方が楽しい。こっち(企画)じゃなかったかもしれない」と言い出し、「こっちの方が性に合ってる」と認める。

続いて、15歳の写真を公開。それを見た堀内健(ネプチューン)は「卒業式でしょう?」と予想し、制服のボタンがすべて付いていないことを指摘する。中川は中学校の卒業式で「全部、後輩の子とかに(あげました)」と告白。

当時のモテぶりについてしゃべくりメンバーが尋ねると、女子が集まってくるのを、同級生の男友達が守ってくれていたという。ただ中川自身は目立ちたくないので、その行動に少し困っていたと言い、「トイレで大をするとき」に、トイレの前で守ってくれていたと話した。

しかしそこまで話したところで、収録時間が終了。持ってきたほとんどの写真が取り上げられずに終わる。上田が「ごめん」と謝罪すると、中川はいずれにせよ体を動かされるため「次回はジャージで来ようかな」と苦笑いした。

SNSでは「やっぱり凄い面白かった! ダンス最高だっよ」「中川大志イケメンすぎる 小さい頃の写真もっと見たかったな」「時間が足りない もっと大志くんに時間を下さい」など、中川としゃべくりメンバーの絡みをもっと見たいというコメントが多く見られた。

次回の「しゃべくり007」は7月5日(月)夜10:00より放送予定。