未知なるデータを番組独自の視点から調査していくバラエティー番組「データがない!〜つぶやきたくなる令和の新事実〜」が、6月22日夜9:00からフジテレビ系にて放送される。MCを務めるのは、バカリズムと宮川大輔。2020年末に関西ローカルで放送され、初の全国放送となる。

「普段歌わない超一流アーティストはカラオケで何点取れるのか?」というテーマでは、雅楽師・東儀秀樹が歌声をテレビ初披露。その意外な選曲と歌声は、MC2人やスタジオ出演者の池田美優、蛙亭、A.B.C-Zの河合郁人、鷲見玲奈を驚かせる。

また、「人気チェーン店の無料のアレは1年間に何円分食べられている?」では、餃子の王将に置いてある調味料・マジックパウダー、やよい軒の漬物、スシローのガリが、年間で何円分が無料で提供されているのかを調べる。

「1週間スマホでタダでもらえるものを集めたら総額何円分?」では、ルームシェアで暮らす伊藤俊介(オズワルド)、イワクラ(蛙亭)、森本サイダー、大鶴肥満(ママタルト)の4人が、会員登録することにより無料でもらえるサンプルや、懸賞への応募などを駆使して、1週間で何円分の物を集められるかを競う。

ほか、「日本一歴史のある継ぎ足しグルメは何なのか?」「仮想通貨ブームで話題の“億り人”の現在の貯金額は?」を調査する。

さまざまな意外なデータが登場した収録について、バカリズムと宮川が振り返った。

■バカリズム&宮川大輔コメント

――初の全国ネットでしたが収録はいかがでしたか?

宮川:やっぱりバカリズムが横にいてくれると安心しましたね。みんなが全然気づいてへんようなことを調べてやってるので、イイ感じで楽しいというか、面白かったですね。あとは…あんまり老舗のお店にナダルをリポーターとかに使わないでほしい(笑)。失礼なことするんちゃうかなとか、そっちばっかりで正直あんまり内容が入ってこなかった…。

バカリズム:宮下草薙でギリ!まだ素直だから(笑)。失礼のない芸人に行ってほしいですね。全体としては前回同様、目の付けどころが面白くて、特に今回はゴールデンということで豪華になったというか、食べ物が出てきたり“ゴールデンっぽく”なりましたね(笑)。今回もすごく楽しかったです。

――印象に残ったデータは?

宮川:東儀さんの歌声、ホンマにびっくりしましたね。歌ってはるイメージもなかったですし、普段こんな曲聞いてはんねやとか。まず何歌うのかってとこから面白いし、歌声も面白いし。あとはMCやからロケには行かんでええと思ってたんですけど、結構一日かけてロケしましたね。それがキューって(短く)なってました(笑)。あとVTRに出てないデータなんですけど、ディレクターさんと技術さんがそんなにうまいこといってなかった…(笑)。仲良うしてくださいよ、みたいな空気感はありましたね。

バカリズム:今回、大輔さんがロケに行ってくださってるとは知らなかったんでびっくりしましたね。VTR見てると楽しいロケでしたけど、ゴールデンだと意外とピリピリしだすのかもしれないですね(笑)。東儀さんは、イメージとは真逆の曲を選ぶんだって意外でしたね。

――読者へメッセージをお願いします。

宮川:関西ローカルから全国ネットになりましたが、今回も本当に面白いと思います。皆さんもデータの中身を想像しながら一緒に楽しんでいただきたいと思いますね!

バカリズム:非常に見やすくて、家族で楽しめる番組にさらになっていますんで、ぜひ、皆さんでご覧ください!