7月14日(水)より放送開始のテレビアニメ「NIGHT HEAD 2041」(毎週水曜深夜0:55、フジテレビ系)の「放送直前スペシャル番組」が、7月7日(水)深夜1:05から放送されることが分かった。霧原直也役の島崎信長(「崎」は正式には立に可)と黒木ユウヤ役の小野賢章が出演するほか、同作の原作者であり、テレビドラマ「NIGHT HEAD」の監督も務めていた飯田譲治と、テレビドラマで霧原直也役を演じた武田真治の対談が実現。武田真治はテレビアニメ「NIGHT HEAD 2041」のナビゲーターとして就任することも決定し、コメントも到着した。

テレビアニメ「NIGHT HEAD 2041」は、1992年にテレビドラマとして放送され、カルト的人気を誇ったテレビドラマ「NIGHT HEAD」から30年の時を越え、テレビドラマの監督を務めた原作者・飯田譲治が脚本を手掛けるオリジナルアニメーション。
今回の放送直前スペシャル番組では、これまでの「NIGHT HEAD」の歴史を振り返りながら、これから放送されるテレビアニメ「NIGHT HEAD 2041」の見どころを紹介していく。

また、テレビアニメ「NIGHT HEAD 2041」の放送開始を記念して、1992年に放送されていたテレビドラマ「NIGHT HEAD」がFODにて6月30日(水)より配信開始することも決定した。
■武田真治(ドラマ版:霧原直也役)コメント
――テレビアニメ「NIGHT HEAD 2041」が放送されると、最初に知った際のご感想をお聞かせください。
武田:人と違った特性を持った人にとって、生きづらい世の中を生きる道標になるような作品なので、この時代にあっているのかなと思いました。

――武田真治さんにとってテレビドラマ「NIGHT HEAD」とはどのような作品でしたか。
武田:あの頃は本当に終末論というか、世の中終わってしまうんじゃないかという緊張感もあって、人の心象にさえ影響するような作品でした。
いわゆる信者みたいな人が生まれるような作品に関われたので、そういったモノづくりの究極の面白さであったり、難しさというのを教えて頂けました。

――テレビドラマ「NIGHT HEAD」の監督・脚本を務めていた飯田譲治さんとの思い出に残っているエピソードはございますか。
武田:飯田さんは情熱持って現場に来てくれていて、超常現象に見舞われた時のリアクションなんて普通は分からないのですが、それをいつも提示してうまく導いてくれました。
僕もこの作品に関しては仕事としてというよりは、生き様のように思って取り組んでいた部分があったと思います。

――テレビドラマ「NIGHT HEAD」で見てほしいポイントやお気に入りのシーンなどを教えてください。
武田:情熱だけでもドラマは作れたんだというところですね。
低予算であの時代だから許されたのか…。監督が地を這うようにドラマを作っていました。
そこから生まれるチームワークみたいなものも画面から感じていただけると思いますので、そういうところもしっかり見て頂ければと思います。

――「NIGHT HEAD」のキャラクターたちのように、もしも超能力を使えるのであればどのような能力を使用したいですか。
武田:直也みたいに人の心が読めるのはきついかなと思います(笑)。
ベタなのですが、一番迷惑かけないと思うので空を飛ぶ能力かな。

――7月より放送開始となるテレビアニメ「NIGHT HEAD 2041」の放送で楽しみにしていること、期待していることはございますか。
武田:単なるリメークや続編というわけではなくて、全く新しく生まれ変わった「NIGHT HEAD」で、これまでのファンの方々にもあのシーンがこうなったのかと新鮮に感じていただく要素もありますが、これまでのシリーズを知らない若い世代の方々にも刺さる要素が満載だと思うので、楽しみにしていてください。