AKB48の坂口渚沙が9月20日、公開中の映画「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜」の舞台あいさつに登壇。“オカルト好きアイドル”としてトークを展開した。

同作は、AKB48の大盛真歩、小栗有以、行天優莉奈、倉野尾成美、込山榛香、坂口、鈴木優香、武藤十夢が、ちまたに溢れている不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを成仏させる怪談エンターテイメント作品。

メンバーが披露する怪談は「ドラマ」「対談」「体験」「語り」の4つのジャンルに分けられ、その現場で供養・成仏させるストーリーとなっている。坂口は事故物件を訪れ、事故物件サイトを運営する大島てる氏と対談した。

公開前に行った「WEBザテレビジョン」のインタビューで、大勢のアイドルの中で“自分だけの枠”として「オカルト好きアイドルの枠は取っちゃいたい」と語っていた坂口。この日のトークでも、映画の内容や撮影のことではなく、オカルトについて大いに語った。

「座敷わらしが妖怪の中で一番好き」という坂口は、1年先まで予約で埋まっている、座敷わらしがいると言われる岩手県の旅館に自ら予約を入れ、実際に訪れたエピソードを披露した。

また、今後調査したいものとして「海外に行っていいなら、カナダのオカナガン湖にいるオゴポゴを見に行きたい」と希望。

ネッシーについては「テレビでうそなんじゃないかという情報を見てしまって、ロマンが半減してしまった。なので、ネッシーはうそじゃなくて、ロマンを感じてない」というこだわりを見せた他、宇宙人は「いると思っています!」と言い切った。

ほか、「天狗は一番格好良い妖怪だと思っています。すごくロマンを感じる」「カッパはかわいい(笑)」など、渚沙ワールドは止まらず、今後もオカルト好きアイドルとして活躍することを集まったファンに誓った。