9月20日放送の「しゃべくり007」(毎週月曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)はゲストに中谷美紀、田中圭が登場。中谷が夫と暮らすオーストリアでの生活ぶりを明かした。

中谷は夫のビオラ奏者のティロ・フェヒナー氏とは、「通常は英語で、少しドイツ語で頑張って」会話をしているという。また悪夢はドイツ語で見ることがあると明かし、有田哲平(くりぃむしちゅー)はドイツ語の発音が「悪夢ってドイツ語っぽい」と納得する。

オーストリアでは「鳥の鳴き声で目が覚めるので、目覚まし時計が要らない」と言い、また、テンが屋根裏に住んでいるため、「発情期になるとフェロモンが出て臭い」と、動物たちに眠りを邪魔されることもあるという。

オーストリアで始めた習慣として、ロードバイクと自動車の運転を挙げる中谷。ロードバイクはもともと夫の趣味で、「(中谷も)体力づくりのために始めた」と話す。一方、自動車はもともと運転免許を持っていなかったが、「40歳で初めて運転免許を取らされた」という。運転ができなかったとき、夫から「僕は運転手なの?運転もできない、自立をしていない女性とは一緒にいられない」と厳しい言葉をかけられ「必死で取りました」と苦労も明かす。

また、中谷は「恥ずかしい」と照れながら夫とのなれ初めも告白。中谷が一人で食事をしていた飲食店で、3人の外国人と遭遇し、「聞いたことのない言葉だったから、どちらからいらしたんですか?」と中谷から声をかけ、交流がスタート。

中谷は「最初はマフィアかなと思った」と第一印象を明かしつつ、ただ夫が音楽家と分かったとき「ちょっと下心がありまして、もしかしてコンサートのチケットとか取ってくれるかな?」と思ったと明かす。原田泰造(ネプチューン)が「中谷さんでも思うんだ、そんなこと」と驚くと、中谷は「思いますよ!」と即答する。

中谷は日本では考えられないオーストリアの驚きの習慣も明かす。オーストリアのサウナは、男女共用で、しかも(タオルもまとわず)全裸で使用。そのことを知らなかった中谷は水着を着て入ると、水着は禁止だと言われたが、了承を得てそのまま入り「全員全裸で私だけ水着だった」と振り返る。

さらにドナウ川の川辺には全裸で過ごせるスペースも。オーストリアでは伝統ある習慣の一つだというが、中谷にとっては衝撃。中谷自身がその場所に行くことはないが、近くを通ることはあり、つい目がいってしまうと明かした。

次回の「しゃべくり007」は9月27日(月)夜10:00より放送予定。ゲストにもう中学生が登場する。