清原果耶がヒロインを務める連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。9月23日放送の第94話では、百音(清原)とその妹・未知(蒔田彩珠)の会話がじっくりと描かれ、見る者の心を揺さぶった。(以下、ネタバレがあります)

突風被害に遭った実家のカキ棚の後片付けのため、急きょ島に帰った百音。片付けが一段落した後、妹の未知に「私、こっちに戻ってきてもいいかな」と打ち明けた。

「なんで私に聞くの?」と、百音の真意を確かめるように聞く未知。百音は「このうち、ずっと守ってきたのはみーちゃんだから」ときっぱり答えた。「私が『やだ』って言ったら、戻ってくるのやめんの?」と聞く未知に、「やめる」とまたきっぱり。そして「私は、ここから逃げたから」とも。苦い過去を振り返って言葉にできるほど、百音は大人になっていた。

一方、未知もずっと、百音に対してどこか負い目を抱えていたようだ。「ここから逃げた」という百音に「違う。いられなくしたのは私だよ」「私、ひどいこといっぱい言った」と反論するように答え、「もう一度やり直させてほしい」という百音に「いいに決まってる!2人で島ごと、気仙沼ごと盛り上げよう」と笑顔を見せた。

■未知の涙に「みーちゃんもつらかったんだと思う」の声

物語の最初から、百音と未知の間には微かな緊張感が漂っていた。
百音がまだ登米で生き方を模索している頃、未知は「研究者になって科学的な見地から日本の水産業をさらに発展させる方法を見つけたい」という明確な夢を持って勉強に打ち込んでいた。その姿は百音にとって、少なからずプレッシャーにもなった。

さらにはそれ以前、震災当日に島にいなかった百音に「お姉ちゃん、津波、見てないもんね」と突き放すような言葉を放ち、百音にコンプレックスを植え付けたのも未知だ。そのうえ幼なじみの亮(永瀬廉)との三角関係が、大人になった2人の新たな火種にも…。

誰よりも近い存在だからこそ、冷静に気持ちを伝えることは難しい。それでも百音は「故郷に戻りたい」という素直な思いを伝え、未知も「いられなくしたのは私だよ」と百音の立場を思いやった。この会話は2人にとって、過去のわだかまりへの区切りになったことは間違いない。

成長した2人の会話に、視聴者からも感動の声が上がった。「モネとみーちゃん、お互いを思いやれる会話ができてよかった」「モネは『みーちゃんは悪くない』と言ってあげられない自分に苦しんでいたのかもしれない」「モネが『みーちゃんが嫌ならやめる』と言ってくれたことで、みーちゃんも救われたのかな」など、姉妹が腹を割って話せたことに感動する声が多く、Twitterでは「みーちゃん」がトレンド上位に上がるなど注目を集めた。

どこかほっとしたような涙を見せた未知には「みーちゃん、大人になったね」「みーちゃんもつらかったんだと思う」といった声が上がる一方で、「モネとすっきりわかり合えた、とはまた違う感情なのかな」「みーちゃん自身もどんな感情かわからない涙なのかもしれない」「みーちゃんの涙、いろんな考察があって面白い」と、その涙の意味について様々な意見が飛び交っていた。