高田夏帆と、A.B.C-Z・戸塚祥太がダブル主演を務めるドラマ「凛子さんはシてみたい」(毎週火曜深夜0:58-1:28、TBSほか)が10月19日にスタートした。

同作は、月間利用者数2800万人の電子コミック配信サービス「めちゃコミック」でランキング1位を獲得し、累計1100万ダウンロードを突破している人気コミック「凛子さんはシてみたい」が原作。容姿端麗で仕事もパーフェクトな男女二人が、性体験がないというコンプレックスを共有し、不器用なりにもハジメテを知っていくという、こじらせオトナの純愛ラブストーリー。

第一話では凛子(高田)と上坂(戸塚)のラブシーンが描かれ、SNSでは「胸がぎゅんぎゅんする、やばい」「これは毎週AED必須」「凛子さんかわいいし上坂くんビジュアル最高だしとにかく最高」などといった興奮の声が続出した。(以下、一部ネタバレが含まれます)


■第一話は“オトナ”なシーンからスタート!

冒頭は、雨木凛子が謎の男性にベッドの上で迫られているオトナなシーンからスタート。27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れ、羨望のすべてを得た、誰もが認める“いい女”の凛子。凛子は映像クリエイターの緋山余一(猪塚健太)に密かに思いを寄せているが、彼女には誰にも言えないコンプレックスがあった。それは27歳にして、未だ処女だということ。

ある日凛子は、緋山が他の女性社員に好意を寄せられ「(付き合うなら)色々経験した女性のほうがよい」と話しているのを聞いてしまう。処女であることが万が一バレてしまったら緋山とは上手く行かず、パーフェクト女子として生きてきた自分のキャラクターも崩れてしまうと凛子は更に追い詰められる。

一方、凛子と同期の上坂(戸塚)は、契約数1位を誇り、容姿端麗でミステリアスなため女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。指がきれいで、夜は「テクニシャン」なのではないかともっぱらのうわさだが、凛子には仕事も恋愛もパーフェクトでスカしている上坂がとにかく目障りだった。

■戸塚祥太“上坂”が「童貞」だということを知った高田夏帆“凛子”は…

緋山と結ばれるためにも初体験を済ませたい凛子は、園子(ゆん)と共に合コンに参加。しかし凛子は恋愛スキルゼロのため上手く立ち回れず、結果一人で帰り道にあった一軒のバーに立ち寄りやけ酒を飲むことに。店に入ると、最大のライバル・上坂と遭遇し、同席することとなってしまう。

バーの店長・久地(飯島寛騎)は、実は上坂の同級生で、彼の過去を知る唯一の人物だった。久地の暴露により、上坂が初恋をこじらせて未だ恋愛が出来ないピュアボーイであること、また高校時代は「苔」と呼ばれて完全な陰キャラだったことなどを知り、目障りなライバルだったはずの上坂のイメージが少しずつ変わっていく。

さらに九地は、上坂はが恋愛が出来なかった結果、現在も「童貞」だということを暴露する。最大の秘密をバラされて怒りをあらわにする上坂をよそに、凛子の目は輝いていた。

かねてより、初体験の相手は「処女をバカにせず、蔑まず、余計なことを口走らない口の堅い男」にしたいという理想の相手3箇条を掲げていた凛子は、童貞の上坂ならばこの3箇条に当てはまると、上坂をラブホテルに誘う。

■上坂は未経験とは思えないスマートさで凛子に迫る

その後、ラブホテルの前に着いた二人。一瞬戸惑いの空気が流れるが、機会を逃したくない凛子は「上坂くん、もしかしてびびってる?」と上坂を挑発。すると、上坂はそんな凛子の腕を掴み、「いくぞ」と一言。凛子を連れて、ラブホテルへ率先して入っていくのだった。

いよいよラブホテルに入った二人。凛子は、初ラブホにはしゃぎたくなる気持ちを抑えながら、童貞の上坂を前に余裕ぶって「先にシャワー使っていい?」と言ってみるが、上坂は凛子を後ろから抱きしめ、「シャワーとか別にいいよ」と真顔で言い放つ。

そして熱い目線で凛子をベッドに倒し、「童貞だからびびってると思ってんの?俺も男だよ」と言いながら、未経験とは思えないスマートさで凛子へ迫っていく。そしてついにいよいよ卒業かと思われたところで、怖くなってしまった凛子が処女であることを上坂に告白。上坂の高まった鼓動は聞こえなくなり…といったところで第一話は終了した。

初体験にチャレンジしたものの、まさかの中断を迎える二人の姿に、視聴者からは「ここで終わるのかあ…!」「心臓もたない、AED欲しい」「「想像以上でした…息止めてたら終わった」などといった興奮の声が続出した。

■ついに“ハジメテ”に挑む高田夏帆“凛子”と戸塚祥太“上坂”

10月26日(火)放送の第二話の予告動画では、“ついにハジメテに挑む凛子と上坂”というテロップとともに、ベッドの上で上坂が凛子の手を強引に引っ張る姿や、上坂が凛子の耳元で「今日は逃げるのなしな」と囁く姿が映し出され、第一話以上に視聴者をドキドキさせる展開が予想される。

■第二話 あらすじ

「私…処女なの」と上坂(戸塚祥太)にカミングアウトした凛子(高田夏帆)。そして、今度こそ“シてみたい”と上坂に「脱・未経験パートナー協定」を提案し、再びホテルで会う約束をする。そして迎えた、決戦の火曜日。しかし、凛子のもとに部長から一本のある電話が入り、急遽、仕事で映像クリエイターの緋山(猪塚健太)に会うことに。その流れで、緋山から初めて夕食を誘われる。