日韓で活躍するK-POPアイドルであり、個展開催などアート活動も積極的に行う高田健太のアート&エッセイ連載。第3回では、個展開催に合わせて来日中の本人に取材を実施。今回は撮り下ろし写真と共に、インタビュー形式で語ってもらった。

現在、新木場のsoko station 146で開催中の個展「MADE in KENTA : Ultimate Illuminating」について、今回は選ばれなかった幻のテーマ(!?)に関する裏エピソードや、個展の楽しみ方などを深堀り!たっぷり語ってもらった内容は濃厚すぎたため、前後編に分けてじっくりお届けする(※この記事は後編)。

■みなさんの人生の0.1gでもプラスになったら嬉しい

――個展に訪れる方の中には、「普段アートに触れる機会が少ない」「アートをどう鑑賞したら良いかわからない」という方もいらっしゃるかと思います。どんな風に楽しんでほしいですか?

“アート”と聞くと敷居が高く感じるかもしれませんが、他でもない僕自身が美大出身ではありませんし、なんならBTSでもないし、大谷選手でもない…(笑)。そんな僕だからこそできることがある、それこそが「誰しもが特別」ってことだと思っているので、そこを感じてもらいたいですね。

それにアートって、絵を描くだけじゃないなとは思っていて。写真を撮るとか、趣味として何かを作ってみるとかもアートですし、僕自身もInstagramに写真を上げたりしますけど、絵ではない部分で感じてもらえることもあると思っています。アートに詳しくなくても全然良くて、むしろそんな人だからこそ感じ取れることがあるんじゃないかなって思うんです。

「MADE in KENTA」という個展タイトルも表しているように、今までの経験や過去に誰かがしてくれたアドバイスが積み重なって、「高田健太」という人間が成り立っています。そんな僕が描く絵や発信する言葉には、周りの人たちのエネルギーや考えも絶対に入ってるわけですよね。

だからこの個展を通して、僕のアートを見てくださるみなさんの人生の0.1gでもプラスにしてほしいと思いますし、構えてくるよりは気軽に来てほしいなっていう気持ちが大きいです。是非、みなさんの好きなように楽しんでください!

■色々なものからシナジーが生まれると感じた

――例えば、絵を見たファンの方に「健太くん、もしかして病んでる?」って心配されたりするのは大丈夫ですか?

それはもう、「病んでるよ!」って伝えたいです(笑)。「人間だし病むよね」っていう(笑)。
僕は今まで、「健太って絶対悩みとか無いよね」って言われ続けてたんですよ。あまりにも言われるもんだから、「自分に悩みなんてあるわけない」って見て見ぬ振りをしてたんです。そのせいで自分が自分じゃなくなったりもしてたんですけど、あるとき、ふと「それって違くない?」って気づいて。

アイドルにだってネガティブな部分はいっぱいあるし、全然完璧じゃないっていうのを、アート活動を通して知ってほしいですね。100%は無理だとしても「高田健太」という人間性を、ありのまま発信していきたいです。あ、でも心配はしないでください!本当に大丈夫なので!(笑)

昔だったら、芸能人はテレビの中だけの遠い存在でしかなかったですけど、今はSNSもあって見えなくてもいいところが見えちゃう時代。でも、だったらむしろ見せちゃおう!伝えていこう!と思っています。見方を変えたら、今の時代の良いところでもあるかもしれませんね。

――日本個展の会場を選んだ理由は?

本当に色々なギャラリーを見て、ギャラリーごとに素敵なところがありましたし、正直とても悩みました。家みたいなところ、真っ白なところ、倉庫みたいなだだっ広いところ…僕が韓国にいて実際に見に行けなかったこともあり、スタッフさんともたくさん相談しました。

「soko station 146」さんに決めたのは雰囲気ももちろん素敵でしたし、併設されているカフェでオーガニックのメニューを扱われているなど、その考えに共感したこと。僕自身、環境問題などをそれぞれがもっと考えていけたら良いんじゃないかなっていう思いが強くて、その思いが合うなって思ったんです。シナジーが生まれるというか、あわさってもっと素敵なものになると思ったので、そこが決め手でした。

■“伝えること”が僕の役割なんだと思います

――SDGsやサスティナビリティといった問題について、どのように向き合っていくべきだと思いますか?

僕は、「共有」はしたいけど「強要」はしたくなくて。僕自身も今までたくさんされてきたから、本当に好きじゃないんですよ(笑)。だから環境問題、セクシャルマイノリティ、人種差別や戦争といったテーマについて、興味ないことが悪いとまでは言いませんが、「知ってみても良いんじゃない?」「知ったらもっと変わるんじゃない?」って伝えたいです。
「こうしましょう!」って強要するんじゃなくて、僕のアート活動が何かの気づきになってくれたら嬉しいですね。

――「伝えること」を大切にしている健太さんですが、その根底にある想いとは?

自分に与えられたポジション、役割みたいなものは意識してると思います。僕は、どんなに小さな虫にでも存在している意味があるはずで、世界中のすべての生物に「役割」があるんじゃないかなって考えています。そんな中で、“伝えること”が僕の役割なんだと思ったんです。そう思うようになったのは本当に最近のことで、今までの人生で色んな経験をしてきて、幸せな思いも辛い思いもたくさんして、絵を描くようになったこのタイミングだからこそ、そう感じたのかもしれませんね。

※高田健太の「高」は「はしごだか」が正式表記