グローバルガールズグループデビュープロジェクト、“ガルプラ”こと「Girls Planet 999:少女祭典」(毎週金曜夜8時20分、ABEMA SPECIAL 2チャンネルほか)の最終回となる#12が、10月22日に日韓中同時に放送され、日本国内ではABEMAにて日本語字幕付きで独占生放送となった。

日(J)・韓(K)・中(C)の同じ夢を抱く99名の少女たちがレベルの高いパフォーマンスを披露してきた今番組。最終回の生放送では、デビューを決めた9名のメンバーと、グループ名が“Kep1er”(ケプラー)となったことが発表された。

■全世界172か国の視聴者から投票が集まった

「Girls Planet 999:少女祭典」は、日(J)・韓(K)・中(C)より参加した99名の少女たちが、地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げる、夢に向けた旅路と成長過程を見せるプロジェクト。最終回のスタジオには数か月間一緒に、歌やダンスの練習をしてきたメンバーも集まり、涙と歓喜の声に包まれた。

彼女たちがデビューする際のグループ名は“Kep1er”(ケプラー)であることが発表されると、ついに、感動的なファイナルステージに立った18名の中から、視聴者投票によってデビューする9名が決定した。全世界172か国から集まった最終投票は生放送中にも続き、視聴者から熱視線を浴びた結果はこちら。

■9名の参加者が“Kep1er”(ケプラー)としてデビュー!

【1位】安定的な透き通った美しい歌声で魅了するキム・チェヒョン(K)

【2位】ミッションごとに大きな成長を遂げたヒュニン・バヒエ(K)

【3位】常に誰よりもステージを楽しむ姿が称賛されたチェ・ユジン(K)

【4位】ダンス、歌、どれも高い実力のオールラウンダー、キム・ダヨン(K) 

【5位】持ち前の明るいエネルギーと高レベルなダンスが魅力のソ・ヨンウン(K)

【6位】かわいい外見と実力を併せ持つ、カン・イェソ(K)

【7位】圧倒的存在感で“ステージの天才”と称された、江崎 ひかる(J)

【8位】優れたリーダーシップを発揮した坂本 舞白(J)

【9位】すべての投票でTOP9をキープし続けたシェン・シャオティン(C)

最終回は「GirlsPlanet999」、「#ガルプラ」、「Kep1er」を含む番組関連のハッシュタグがTwitterの世界トレンドにランクインするなど注目を集め、大きな話題となった。今後も、グローバルガールズグループ“Kep1er”(ケプラー)の活躍に期待が高まる。