“朝ドラ”こと連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)の第23週「大人たちの決着」(10/18-10/22)では、主人公・モネこと永浦百音(清原果耶)や同級生・亮(永瀬廉)の父親たちの決断が描かれた。その感動に浸りつつも「#俺たちの菅波」こと菅波光太朗(坂口健太郎)と百音の進展も気になるところで、第115回では菅波が永浦家に挨拶にやって来た。その時の菅波の言動がまた視聴者の期待を裏切らないもので、Twitterでは「#俺たちの菅波」がトレンド入り。来週いよいよ最終回を迎える「モネ」を盛り上げた立役者のひとり、坂口健太郎の魅力をフリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)。

■“不器用”な感情表現が菅波らしさ

「おかえりモネ」も来週で最終回。朝ドラではたいてい、主人公が恋をして結婚して子供を産んで育てて……という流れになるが、まれにそこまで描かれないこともあり、「モネ」はそのスタイルになりそう。

百音は高校卒業後、登米で就職しそこで出会った菅波とゆっくりゆっくり信頼関係を育んで、5年が経過した。2020年1月13日、ついに菅波は永浦家に挨拶にやって来た。

一度、東京で父・耕治(内野聖陽)と祖父・龍己(藤竜也)と偶然会った菅波が耕治の圧の強さに耐えかねて、苦手な牡蠣を懸命に食べるというエピソードがあったが、正式に挨拶することははじめてとなる。

これが一筋縄ではいかず、はやる菅波が予定よりも早く気仙沼に来ると、百音と亮(永瀬廉)の親密な様子を目撃することに……。

百音と亮を見て「19対5か……圧倒的に分が悪いなあ」と弱音めいたことを言う菅波。

これは百音と出会ってからの年数。亮は19年で菅波は5年。東京で百音が初デートをすっぽかして亮のところに行った時も、表情も口調もさほど変えないながら内面では動揺していることを口にしていた菅波。今回もまた、あくまで淡々としながら内面では亮のことを、ものすごく意識している。

この不器用な感情表現が「#俺たちの菅波」らしさであり魅力のひとつである。

百音がFM放送をやっている時もブースの外で亮とふたりで見ていて、亮は屈託なく手を振り、菅波は手をそっと挙げるのみ。その、そっと手をあげるところも菅波らしく好ましく思えた視聴者も多かったのではないだろうか。

菅波は頭脳明晰で医者としての腕は確か。ただ思っていることを言葉や態度で器用に表せない。世の中、調子よく渡っていける人ばかりではないから、菅波のような人がいてくれると視聴者としては親近感のみならず生きる勇気が湧く。

演じる坂口健太郎が、清潔感や賢明さを伴ってほどよく感じよく菅波を演じていることも良かったと思う。

■「とと姉ちゃん」では切ない別れ…

すっかり「#俺たちの菅波」として支持された坂口健太郎は、10月19日からはじまった火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)では“不毛な恋の隠れ蓑のために500万円を貸す男”という、またまた、いささか個性的な役を演じている。

他に好きな人がいるので他に結婚とか恋愛は考えられないため抑止として偽装結婚するというユニークな発想の人物。内容の違いはあれど言っていることが理解されにくい点においては菅波と若干かぶっているようにも感じる。

菅波とは違うところは、一見スーツが決まるスマートな人物でありながら私生活は朝なかなか起きられず起き抜けの様子は別人のように頼りないギャップだろうか。

菅波はプライベートがほとんど描かれていなくて朝起きた時どんななのかわからないが、ギャップの魅力というよりは言動が徹底している魅力のほうだろう。つまり坂口健太郎は様々な役が演じられる優秀な俳優であるといえる。

よく切れるクールな頭脳を持った人物と、当たりの柔らかい肌触りのいい布のようなムードの人物を出し入れする時、単純に表裏を瞬時に切り替えているのではなく、空が刻一刻と姿を変えてひとつとして同じ風景がないような、つかみどころのない、だからこそ善や悪にシンプルにカテゴライズできなく見える。

色んな色が使用されているのに不思議と調和が作られているパウル・クレーの抽象画のような人物像。これは「モネ」においてが菅波に限ったことでなく「モネ」の登場人物はたいていそういう印象を受ける。

菅波は百音に対して恋愛のようで恋愛にカテゴライズされない同士的な関係性のようでもあり、とにかく常に百音が迷った時、最善の助言をくれる。人生の傍らにひとりほしい「#俺たちの菅波」。

坂口健太郎が以前、演じた「とと姉ちゃん」の星野武蔵も誠実で学者肌で、切ない別れ方も含めていいキャラだったから、朝ドラ史上、ヒロインの相手役を2回やって2回ともすばらしく魅力的にした坂口健太郎を朝ドラの功労者として讃えたい。