米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第3話が10月28日(木)に放送される。その放送に先駆け、予告動画と先行カットが公開された。

同ドラマは、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む大門未知子(米倉)の姿を描いたシリーズ。2年ぶりの新作となる第7弾では、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じる。

前シリーズから出演する内田有紀、遠藤憲一、勝村政信、岸部一徳、西田敏行、今田美桜らに加え、今シリーズでは未知子と対立する新キャラクターとして、野村萬斎、小籔千豊、杉田かおる、要潤、永野宗典らが出演する。

さらに、研修医役に宮本茉由、一ノ瀬颯、上川周作、そして西田が演じる蛭間の秘書役に結城モエら若手俳優たちも集結し、盛り上げる。

第3話のゲストには宮川一朗太、川上麻衣子が登場。宮川は杉田演じる蝶子と“科研費をめぐる接待疑惑”が報じられた厚生労働事務次官・神部八尋を、川上は神部の妻・久美子をそれぞれ演じる。

■広報室長のスキャンダル!…第3話のあらすじ

「東帝大学病院」の広報室長・三国蝶子(杉田かおる)と厚生労働事務次官・神部八尋(宮川一朗太)がそろって高級レストランから出てきたところを、写真週刊誌が激写。“科研費をめぐる接待疑惑”として報じた。

実はこの会食、内科主導の新治療体制を確立しようとする内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が、科研費の増額を便宜してもらうためにセッティングしたものだった。現時点でその事実は漏れていないとはいえ、黒いうわさが世間に流れただけでも、厚労省と「東帝大学病院」にとっては大きな痛手。蜂須賀はすぐさま蝶子を呼びつけ、事が大きくなる前に迅速かつ美しく収拾するよう命じる。

その矢先、院内で記者に囲まれた蝶子が突然倒れてしまう。偶然通りかかった大門未知子(米倉涼子)は蝶子を処置室に運ぼうとするが、内科副部長・鍬形忠(小籔千豊)は「治療は内科であたる」と宣言。未知子はなぜかおとなしく蝶子を引き渡すが、その瞬間に蝶子の表情が変わるのを目撃する。

まもなく検査の結果、蝶子は“ストレス心筋症”とも呼ばれる「たこつぼ心筋症」を患っていることが判明。蜂須賀からの絶え間ないプレッシャーが原因だと考えた鍬形は、蝶子にもしばらく休めば大丈夫だと示唆するが、未知子はキッパリとした口調で「ナメない方がいいよ。死ぬかもしれない」と忠告。しかし、蝶子は蜂須賀から与えられたミッションを遂行するため、すぐに仕事復帰しようとする。

そんな蝶子に、新たなストレスが舞い込んでくる。神部の妻・久美子(川上麻衣子)が、夫と蝶子が不倫しているのではないと疑い、病室に怒鳴り込んできて来たのだ。しかも、いきなり浮上した不倫疑惑はやがて、未知子も顔色を変える“不測の事態”を招き寄せる。

■未知子の絶叫に驚く晶ら

公式ホームページで見ることができる予告動画では、写真週刊誌に激写された蝶子(杉田かおる)に「脇が甘かったですね」と言い放つ蜂須賀(野村萬斎)の姿や記者に囲まれる中、蝶子が「ありません、接待でもありません!」とはっきりと否定するシーン、そして倒れ込んだ蝶子に未知子が駆け寄るシーンなどを公開。

また、「神原名医紹介所」で未知子が「これがストレスなんだよー!」と絶叫するシーンでは、「未知子かわいすぎ」「いい声出てる」という声が。一方で、未知子の絶叫に対し、晶(岸部一徳)と博美(内田有紀)がビクっとする姿に、「そりゃそうなるよね」「晶さんも博美もいい反応」とリアクションを称賛する視聴者が続出した。

さらに、「私は必要ないということでしょうか?」と告げたり、運ばれていく途中で切ない表情を浮かべる蝶子の姿に、予告の「仕事に命を燃やす女の大逆転」という文字を信じ、蝶子を応援する声も上がった。

その他、加地(勝村政信)と海老名(遠藤憲一)コンビと晶と蛭間(西田敏行)コンビのほのぼのするシーンなども公開されている。