高田夏帆と、A.B.C-Z・戸塚祥太がダブル主演を務めるドラマ「凛子さんはシてみたい」(毎週火曜深夜0:58-1:28、TBSほか)の第二話が10月26日に放送された。

同作は、月間利用者数2800万人の電子コミック配信サービス「めちゃコミック」でランキング1位を獲得し、累計1100万ダウンロードを突破している人気コミック「凛子さんはシてみたい」が原作。容姿端麗で仕事もパーフェクトな男女二人が、性体験がないというコンプレックスを共有し、不器用なりにも“ハジメテ”を知っていくという、こじらせオトナの純愛ラブストーリー。(以下、一部ネタバレが含まれます)

10月19日に放送された第一話では、上坂(戸塚)が童貞であることを知った凛子(高田)が、処女であることを明かさずに初体験を済ましてしまおうと上坂を誘いラブホテルへ。しかし、いざホテルに入ってみると、上坂の想像以上に大胆でスマートな振る舞い、そして初めて見た男性の裸に困惑。たまらず凛子が「私、処女なの!」と告白すると、燃え上がった二人のムードはそこで途絶えてしまい…という展開で幕を閉じた。

10月26日に放送された第二話では「恋愛弱者」な凛子と上坂が秘密の協定を組み、ラブホテルで“ハジメテ”に挑戦。ついに処女と童貞を卒業した二人の姿に、SNSでは「こんなに早く卒業するとは…!」「ドキドキしすぎて全身が固まった」「息するのを忘れてしまった…」などといった興奮の声が続出した。


■凛子はベッドでのテクニックを念入りに予習

冒頭は、上坂(戸塚祥太)ともう一度チャレンジをして、いよいよ処女卒業を決意する凛子(高田夏帆)の姿からスタート。雑誌を見てベッドでのテクニックを念入りに予習し、脱毛や筋トレをし、準備を終えた凛子。上坂とは、定休日である次の火曜日に再チャレンジをする約束を交わしていた。

そして迎えた火曜日。上坂とホテルに入ってから、凛子は何度も「恋人ではないのでキスはしない」「特殊なプレイは要求しない」などのルールを確認する。そんな凛子の姿を見て、上坂は「まだ覚悟できてないんだ?」と一蹴。そしてゆっくり距離を詰めた上坂は凛子を抱き寄せ、「おしゃべりはもういいから。今日は逃げるの無し」と告げる。

そして上坂はポーカーフェイスのまま凛子をリードし、凛子の服を脱がしていく。同じ未経験なはずなのに、余裕な表情の上坂に悔しさを感じながら下着姿になった凛子。恥ずかしさから手で覆おうとするが、上坂はそんな凛子の手を掴み、「隠さないで。全部見せて。綺麗だから」とまっすぐ凛子を見つめる。

■“ハジメテ”を終えた戸塚祥太“上坂”は意外な反応を見せる

そしていよいよ“ハジメテ”の時を迎えた二人。上坂(戸塚祥太)は優しく触れながら、凛子(高田夏帆)の痛みを和らげるようにしてリードしていく。そしてついに卒業した二人だったが、上坂はソファで煙草をくゆらせて余裕の表情。そんな姿に納得のいかない凛子は、「上坂くんって本当に童貞!?」と詰め寄る。すると上坂は顔を伏せながら「余裕あるくらいさせろよ」と意外な反応。そんな上坂の姿に、凛子は不覚にもときめくのだった。

初体験を終えて、お互いに意識し始めた二人。肌を触れ合わせたことが心地よかったのは、上坂とだからなのか、それとも相手が誰でもそう思うものなのか。そしてたった一度の経験で、何が変わったと言えるのか。疑問も悩みも出てくるばかりの凛子は、上坂と秘密裏に「独り立ちできるまでのパートナー協定」を組む。そして、意中の緋山(猪塚健太)との恋を成就させるため、パーフェクト女子へのピース獲得へ向けて引き続き動き始める。


初体験を終えた翌日、凛子は緋山から「なんか雰囲気変わったね、色っぽくなった」と勘の鋭い発言をされ、デートに誘われる。予想以上に早い成果に一人で大喜びしている凛子を見つけた上坂は、くすくすと笑い、「良かったじゃん」とからかうが、そんな上坂のネクタイを直してあげようとした凛子は思わず上坂を意識。そして上坂はそんな凛子を見て、壁ドンをしてキスを迫ろうとし…といったところで第二話は終了した。

ついに“ハジメテ”を迎えた二人の姿に、視聴者からは「上坂君、童貞なはずなのに…あの振る舞いは反則!」「戸塚君の背中かっこいい…血管もやばい!」「CM入って息止めてる事に気づいた…」「終わった後の上坂の反応に凛子さんと同じくキュンとした…」などといった興奮の声が続出した。


■高田夏帆“凛子”は戸塚祥太“上坂”に予習しようと提案…第三話(11月2日放送)あらすじ

緋山(猪塚健太)とデートに行くことになり、楽しみすぎて妄想が止まらない凛子(高田夏帆)。しかし“ハジメテ”を終えたとはいえ、これから起こりうる恋の展開に不安が募り、上坂(戸塚祥太)にお互いで予習しようと提案。凛子の秘密を唯一知る親友の園子(ゆん)は、脱・“ハジメテ”のお祝い会を開くが、中途半端な二人の関係を心配する。また、仕事では後輩の坂崎(林ゆめ)がミスをしてしまい、ピンチな状況に。ただ協定を結んでいるだけの“近くて遠い”二人に、少しずつ変化が生じ始める。