白い仮面とグレーのスウエットがトレードマークのYouTuber・ラファエルが、新アイドルグループのメンバーオーディションを開催し、11月27日に都内で開催された「最終審査&メンバー発表会」で11人のメンバーが決定。ラファエルのプロデュースにより、これまでのアイドルとは違ったグループとしてデビューを目指す。オーディションで審査を終えたばかりのラファエルを直撃し、初めてアイドルを手掛けることについて聞いてみた。

■オーディション審査の決めては“変わっている子”

――アイドルのオーディションを開催するのは初めてだと思いますが、いかがでしたか?

あまり時間がなかったんですけど、その時間がない中でも、元アイドルの方とか知見のある方に入っていただいたので、スムーズにはいきました。ただ、良いのか悪いのか分からないですけど、僕はクリエーターなので、そういう意味では同じタレント脳がちょっとあって、いろいろ意見できたので、納得のいく結果になったのかなと思います。

――審査する中で、ラファエルさんが一番の決め手にしたことは?

良い意味で“普通じゃない子”、“変わっている子”ですね。ちょっと悪い方の例えで言うと、待ち合わせ時間に来ないとか、社会的にちょっと不適合な人間が、タレントとかクリエーターには多いと思うんです。YouTuberも、特に。

でも、そういう人の方が売れていたりするというか、普通じゃない感覚を持っているので。もちろんダメなのはダメなんですけど、常識とかにとらわれずに“伸びそうな子”っていう部分で決めました。普通はもちろん良くて100点なんですけど、普通じゃないから下げるってことではなく、普通じゃなかったら違う見方をしていいんじゃないかってことで評価させていただきました。

――ステージでもラファエルさんならではのプロデュースで、というコメントがありましたが、今後のプロデュースについて何か考えていることはありますか?

やっぱり僕はSNSにめちゃくちゃ強いので、過去には自分で会社も運営していましたし、そういったところのシナジーを見るのはもちろんなんですけど、YouTubeとかTikTokとか、Twitter、Instagramも含めて、はやりのものの嗅覚は飛び抜けているので、そういったものを使っていこうかなと思っています。オフラインでのイベントはもちろんなんですけど、オンラインの方がすごく僕は強いので。

――ラファエルさんのプロデュースということで、アイドルグループへの世間からの注目度も高くなると思います。

まあ難しいんですけど、メンタルだけはしっかり持っていてほしいです。それと、今回はアイドルということで下は18歳から上は20代の方もいるんですけど、親御さんたちからしたら二十歳未満の子をほぼ預けるというような形になると思うんですね。地方の方がこっちに住み込みになる可能性もありますし、そういったところは安心していただけるようにしたいなって思いますね。

彼女たちのメンタルケアはこちらでできるんですけど、ご両親がすごく心配されると思うので。そういった意味では、さっきは“ちょっと変わった子”を評価するとは言ったんですけど、普通に社会人としても恥ずかしくないようなところも、僕もサラリーマン経験者として、メンバー全員に運営メンバーで教えていけるかなと思いますので、そこもご安心いただければと思います。

――今のアイドル業界はどのように見えていますか?

テレビを使っているアイドルと、テレビに出ない、いわゆる地下アイドルと言われるアイドルと、大きく分けて二つあるのかなと思っています。影響力で言うと、テレビで見ているアイドルの方がすごいと思うんですけど、売り上げとか個人の収入で考えた時に、意外と地下にいる人の方が持っていたりするような、逆転している人もアイドルの中にはいると思うんですね。

ただ、「聞いたことない、この人たち」という人が、すごく広い場所でできていたりするので、SNSをうまく駆使できていないのかなって思っていて。そこは(テレビに出ているアイドルは)どうしても利権とか、テレビのそういう交通整理みたいなことが関わっていると思うんです。そこは僕ら関係ないので、存分にSNSを使って、いいと思うものはどんどん取っていくっていう感じですね。

――では、特に他のグループは意識せずに?

そうですね。最終的に、運営する側というのは利益とかを求める必要があるんですけど、会社なので。ただ、やっている側のアイドルとか、僕らを含めタレントはそうなんですけど、働きに見合った収入がないと続かないと思うんです。彼女たちも大人になっていくので、そういった時に結局よく分からないYouTubeとかTikTokの方が稼げたら、やっぱりおかしくなっちゃうと思うんですよね。

そこもしっかりサポートして、初めて楽しく幸せにアイドル活動ができるのかなと思うんです。ただ、今のテレビにしか出ていないとか、地下だけの人って、それができてない気がするんですね。何かが足りない。なので、そこは全部いいところを取っていくだけですね。