2022年1月5日(水)より、中村ゆりか主演ドラマ「部長と社畜の恋はもどかしい」(毎週水曜深夜0:30-、テレビ東京系)の放送が決定した。本作で民放連続ドラマ初主演となる中村が演じるのは、三度の飯よりも仕事が大好きなOL・丸山真由美(通称:まるちゃん)。中村は「今回お話をいただいて、そして主演と聞いて、驚きのあまりしばらく時が止まりました。今まで演じさせていただいた役とは180度違っていて、とても元気で明るい役柄に挑戦させて貰えるのは本当に嬉しいです」と喜びの声を寄せている。

同ドラマは、営業部に勤める“仕事大好きOL”丸山真由美(通称:まるちゃん)と、「定時に上がる」ことをモットーとして働く堤司(テイジ)部長という、考え方の異なる“残業女子と定時男子”の恋愛を描くオフィスラブコメディーだ。原作は、コミックサイト「マンガよもんが」にて連載中の志茂による同名作。

■“ムズキュンが過ぎる!”オフィスラブコメ「部長と社畜の恋はもどかしい」あらすじ
会社の営業部に勤めているOLのまるちゃんこと丸山真由美(中村ゆりか)は、毎日残業ばかりの社畜女子。それでも頼られることと仕事が大好きなまるちゃんは充実した日々を過ごしていた。

ある日、新人歓迎会で定時に帰ることで有名な総務部の堤司(テイジ)部長と言い争いになり、お互いの主張が食い違う中、二人は酔った勢いで一線を超えてしまった。堅物なイメージとは違い、優しい部長を好きになってしまったまるちゃんだが、翌日「自分たちは大人だからわかるよな?」と言われてしまう。仕事のやり方も考え方もまったく違う二人が繰り広げる、“ムズキュンが過ぎる”オフィスラブコメディー。

■中村ゆりかコメント
今回お話をいただいて、そして主演と聞いて、驚きのあまりしばらく時が止まりました。今まで演じさせていただいた役とは180度違っていて、とても元気で明るい役柄に挑戦させて貰えるのは本当に嬉しいです。

原作・台本を読んで、すれ違いから始めるオフィスラブだけではなくて、働き方にも視点を置いているので、現代社会にとって見落としてしまっている事だったり、健康的な生活リズムに少しでも意識を向けられるきっかけになるような物語だなと感じました。

まるちゃんは仕事が純粋に好きなんだと感じ、ひたむきに頑張る姿がとても逞しいと印象を持ちました。彼女のように一生懸命に生きていて頑張っている人は、この社会において居なくてはいけない存在だと思いますし、しっかりと演じなくてはいけないなと思いました。

このドラマは、可笑しくなるくらい予想外のところですれ違う二人がいます。そんなチャーミングな世界観にハマっていただけるはずです!共演者の方々とスタッフさん達とで一致団結して、日々の疲れにパワーを与えられるようなドラマにしていけるよう奮闘します!ぜひドラマをご覧ください。