俳優の横浜流星が、5月24日に都内で行われた映画「流浪の月」(公開中)の大ヒット御礼舞台あいさつに、広瀬すず、松坂桃李、多部未華子、李相日監督と共に登壇した。

同作品は、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの同名小説を映画化したもので、帰れない事情を抱えた少女と彼女を家に招き入れた孤独な大学生による切ない物語。

家に帰れない事情を抱えた少女・更紗(白鳥玉季)は孤独な大学生・文(松坂)と出会い、文のアパートで暮らすようになる。楽しい日々もつかの間、二人は「誘拐犯」と「被害女児」として世間に知れ渡ってしまう。15年後、更紗(広瀬)はパート仲間に連れられて入ったバーで、マスターとして働く文を見つける。更紗が仕事帰りにバーに寄る日が増えていく中、更紗の恋人・亮(横浜)は更紗の変化をいぶかしむように。一方、更紗は文の傍らにいる女性・谷(多部)の存在に気付く、というストーリー。

■広瀬すず「(周囲から届く反響が)たぶん今までで一番多いです」

舞台あいさつでは、広瀬が周りの反響について「いろんな方からご連絡をいただいて、会う人、会う人に『見てきたよ』って言っていただいたのが、たぶん今までで一番多いです」と言い、「長文のメールで感想を送ってくださる方もいれば、『更紗だからあんまり言えない…』って熱量だけいただいたり(笑)。公開してから2週間でこんなに見てくれていることを感じられて、本当にありがたいなって思います」と心境を明かした。

■横浜流星「僕ではないので…(苦笑)」

そんな中、「(DVする役柄のため)流星くんのことが嫌いになりかけたという話を頂きました」と広瀬がコメントすると、横浜は「(演技が真に迫っているということで)うれしいですね。でも、僕ではないので嫌いにはならないでほしいですね」と苦笑して、会場を沸かせた。

◆取材・文=原田健